ピックアップニュース

ファイブイズホーム春日部店、初年度30棟目指す
 ファイブイズホーム(埼玉県行田市、細井保雄社長)は4月27日、同社20店舗目となる春日部店をオープンした。同店は春日部市を中心に隣接する杉戸町などの周辺市町が営業エリア。既に57...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

旭化成ホームズ、郊外向け戸建て「ヘーベルハウスのきのまエント」
 旭化成ホームズ(東京都新宿区、川畑文俊社長)は4月26日、都市周辺の郊外向け戸建住宅商品「ヘーベルハウスのきのまエント」を1日に発売すると発表した。玄関前を広く取り、アウトドアリ...続きを読む
トヨタホーム、2×4分譲に新規参入=「鉄骨高い」とのエンドユーザーの声に対応
 トヨタホーム(愛知県名古屋市、山科忠社長)は2×4工法の木質住宅ブランド「モクア」を立ち上げ、木造分譲事業に新規参入する。まずは、神奈川県開成町で11区画の分譲地を開発し、7月か...続きを読む
日本アジアグループ、サンヨーホームズに木造戸建て提案=プレハブ戸建ての内装木質化も
 日本アジアグループ(東京都千代田区、山下哲生社長)は4月26日、サンヨーホームズ(大阪市西区、松岡久志社長)の株式を公開買付の仕組みに則り最大33・34%を上限に取得する決議を行...続きを読む
2017年度の新築住宅投資額予定、着工戸数減で減少に転じる=国交省発表、2・7%減
 国土交通省が発表した2017年度の「新築に関する住宅投資予定額」は、総計で14兆4680億円となった。前年度比でみると2・7%の減少で、前年度の増加からマイナスに転じた。着工戸数...続きを読む
建設経済研究所の住宅着工戸数見通し、18年度は1・3%増96万5千戸、増税前の駆け込み需要で、前回ほどの影響は見込まず
2018年05月10日05面_住宅産業
 建設経済研究所は4月26日、2018年度の住宅着工戸数が前年度比1・3%増の96万5400戸となる見通しを発表した。前年度の17年度を2・2%減の95万2800戸と予測した上で算...続きを読む
TOTO、今期業績も過去最高目指す=売上高で国内2%、海外9%増を計画
2018年05月10日04面_住宅産業
 TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)は2019年3月期の売上高として、国内は前期比2%増の4336億円、海外は9%増の1505億円を目指す。4月27日に説明会を行い、喜多村社...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

トップに聞く、ホームプロ社長・井上秀一氏、加盟店の生産性向上を支援
2018年05月10日03面_住宅産業
 リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」を運営するホームプロ(東京都中央区)は4月、新社長に井上秀一氏が就任した。昨今のリフォーム市場は6兆円規模でほぼ横ばいで推移するなど、大きな...続きを読む
住団連18年4月度景況感、プラス指標も不透明感
2018年05月10日02面_住宅産業
 住宅生産団体連合会(住団連、和田勇会長)は4月25日、低層住宅の受注動向を把握している18社による2018年4月度の住宅景況感調査結果を公表した。18年度第1四半期(4~6月)の...続きを読む
ミサワホームと大末建設が資本提携、まちづくり事業を強化
 ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は8日、マンション建設などを手掛けるゼネコンの大末建設(大阪市中央区、日髙光彰社長)と資本業務提携すると発表した。オフィスビルや複合開発...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)