キーワード: まちづくり

都市再生機構石田理事長の就任会見=戸建て分野でも民間と協力、防災まちづくりや移転で、ノウハウ提供へ

2024年4月、都市再生機構(UR)の理事長に就任した石田優氏。かつて国土交通省住宅局長、総合政策局長、国土交通審議官などを歴任。さらに復興庁事務次官、東京海...

住宅改良開発公社住まい・まち研究所=英国のまちづくりを調査・研究、新ビジネスモデル構築へ、住宅整備以上で資産価値高める動き創出も

「持続可能なまちづくりができれば」――。理想ではあっても、難しいのではないかと思えてしまう。そんな、日本が抱える課題に対し、解決策の一例を考えられないかと調査...

UR、防災性向上のまちづくり=建て替え提案推進、容積率引き上げメリットも

公共的な視野で、賃貸住宅運営など多彩な事業を手掛ける都市再生機構(UR)は現在、密集市街地改善、木密地域の不燃化を推進している。 土地区画整理や防災公園...

吉田匡秀積水化学工業住宅カンパニー新プレジデントが方針披露、国内の販売棟数増にこだわる=良質な住まい提供、新築減をストックでカバー

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、吉田匡秀プレジデント)は8日、住宅関連メディア向けの方針説明会を開催し、1月1日付で新プレジデントに就任した吉田氏が専...

パナソニックホームズ、大阪市内の防災力強化へ=補助事業活用し集会所の建替促進

パナソニックホームズ(大阪府豊中市、井上二郎社長)が大阪市内の地域防災力の強化に力を入れている。 同社が受注した2棟の地域集会所が2024年2月に竣工す...

“ごちゃまぜ”賃貸住宅のあるまちづくり=カギとなる要配慮者向け住宅への施策方針

国が進めているストックへの対応は、除却すべきものは除却し、除却しない物件は適切に管理することを求める。 そして、利用できる物件はリフォームをして活用する...

国と都の高台まちづくり=住民の移転の負担減らす案、住宅地のかさ上げで検討進める

国と東京都は、降雨量増加を見込む中、安全を確保するための高台まちづくり「高規格堤防整備」の推進に当たり、移転回数を減らす選択肢を住民に提案していく考えだ。 ...

ミサワホームと多賀城市が包括連携協定=大学跡地の複合開発で、住宅含む総合開発でにぎわい創出

ミサワホーム(東京都新宿区、作尾徹也社長)と100%出資子会社の東北ミサワホーム(仙台市宮城野区、川邊進太郎社長)は4日、多賀城市と東北学院大学多賀城キャンパ...

パナソニックホームズ、福島県伊達市で街びらき=地元企業主体の開発・運営を支援

パナソニックホームズ(大阪府豊中市、井上二郎社長)は10月29日、福島県伊達市高子地域で官民連携で取り組んできた大型分譲地「アップデートシティふくしま」の街び...

大和ハウス工業、新たなまちの魅力創出で加賀市と包括協定=戸建団地を再耕

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は9月29日、石川県加賀市と「持続可能なまちづくり」に関する包括連携協定を締結したと発表した。 同社は加賀市で...

積水化学工業住宅カンパニー、「あつぎの丘リードタウン」戸建街区の販売開始=新常態の暮らし提案

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は3月29日、あつぎの丘リードタウン(神奈川県厚木市)の戸建分譲地(全66区画)の販売を同月17...

UR=サ高住の役割果たすまちづくり、「サ高住に関する懇談会」で団地内の取り組みに評価、多様な世代・人のいる地域で要介護率や社保費低減へ

都市再生機構(UR)は、国土交通省住宅局が15日に開催した「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に関する懇談会」で、運営している賃貸住宅および周辺地域を地域医...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)