キーワード: 空き家

〝二地域居住〟促進へ支援強化、関連法を改正=指定区域で補助金優先的に配分、今後の課題、長野県佐久市の事例

「広域的地域活性化のための基盤整備に関する法律」の改正案が5月15日、国会で可決、成立した。都道府県が、〝二地域居住〟の項目を含む「広域的地域活性化基盤整備計画...

大和ハウスグループ・大東建託グループ、「災害における連携及び支援協定」を締結=災害時に空き家を融通

大和ハウスグループ3社と大東建託グループ3社は5日、両社グループ会社が管理する賃貸住宅に関する「災害における連携及び支援協定」を締結した。 平時の防災イ...

戸建住宅団地の地域再生改正法案、閣議決定=空き家、用途変更後も容積率算定方法を維持、廃校舎利用も促進、コンビニやワークスペースへ転換しやすく

政府は1日、戸建ての住宅団地再生に向け、地域再生法の一部改正案を閣議決定した。 空き家などを改修してコンビニエンスストアや地域カフェなどに用途変更する際...

全宅連=空き家管理法人制度でセミナー、役職員向けに、国土交通省担当者が解説

全国宅地建物取引業協会連合会は1月30・31日、都道府県の宅建協会役職員を対象に「改正空家特別措置法説明会」をオンラインで開催した。国土交通省の担当職員が同法...

新年特集=循環型の住宅市場形成へ、LIFFUL・伊東祐司社長に聞く、住宅評価で購入者の不安解消=既存物件の流通は「情報の可視化」を重視

住宅・不動産ポータルサイト「LIFULL HOME´S」を運営するLIFULL(東京都千代田区、伊東祐司社長)は、既存物件の流通に際しては建物検査(ホームイン...

アエラホーム、リノベ事業拡大へ=中古流通で協議会に参画

アエラホーム(東京都千代田区、中島秀行社長)は5日、リノベーションを通じて中古戸建流通市場の改革と空き家問題の解決を目指すリノバンク(東京都渋谷区、芝田旅人社...

全宅連がウェブセミナー=表示制度や空き家控除など詳細説明、国交省など資料まとめ

全国宅地建物取引業協会連合会は20日、ウェブセミナー「宅建業者必見令和6年ここが変わる! 住宅政策~国土交通省担当者が解説します~」を開催し、2024年4月...

大和ハウス工業、新たなまちの魅力創出で加賀市と包括協定=戸建団地を再耕

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は9月29日、石川県加賀市と「持続可能なまちづくり」に関する包括連携協定を締結したと発表した。 同社は加賀市で...

高松市と支援機構=リ・バース60で利息補助、協定締結、空き家抑制の一手に

高松市は、住宅金融支援機構と7月31日に「高松市における住宅施策の推進に関する連携協定」を結び、1日に「リバースモーゲージによる高齢者住まい応援補助制度」を開...

スペースリーのプラットフォーム、2年で54自治体が導入=空き家対策でVR活用が増加

空間データ活用プラットフォーム『スペースリー』を提供しているスペースリー(東京都渋谷区、森田博和社長)では、自治体向けのサービス提供から短期間で大幅に導入が進...

YKKAP、戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト「山口 大内中央の家」が完工=築50年木造平屋を高断熱・高耐震に

YKKAP(東京都千代田区、魚津彰社長)は14日、スタジオセンス(山口県山口市、山本尚志社長)と共働して実施した戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト「山...

全宅連、来年度税制で住宅ローン減税の延長要望に注力、環境性能や面積要件の特例措置など

全国宅地建物取引業協会連合会は5月31日、2023年度第1回理事会を開催し、住宅ローン減税制度の床面積要件緩和の延長などを盛り込んだ24年度税制改正と住宅土地...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)