キーワード: 受注

積水ハウスリフォームの「いどころ暖熱」、2021年度上期実績が前年超え=既存住宅の一部をZEHレベルの快適性に、単価上昇にも寄与

積水ハウスグループのリフォーム専門子会社・積水ハウスリフォーム(大阪市北区、西野一之社長)が手掛ける「いどころ暖熱」の2021年度上期(2~7月)の実績が、受...

イノスグループ4~7月のCAD受付数が約38%増、一般流通材の価格高騰でPFウッドの割高感が減少

住友林業が運営する地域工務店ネットワークの「イノスグループ」では、受注の先行指標となるCAD受付数が順調に推移している。 YouTubeを活用した木造住...

住団連景況感、戸建注文住宅7~9月見通し、小幅なプラス=材料価格高騰を不安視

住宅生産団体連合会(会長=芳井敬一大和ハウス工業社長)は23日、低層住宅に関する経営者の住宅景況感調査(2021年度第2回)をまとめ、公表した。 同調...

主要企業10社の2021年7月受注速報、集客減でも受注獲得

主要住宅企業10社の2021年7月度の受注速報値(金額ベース、対前年同月比)は、7社がプラス、3社がマイナスとなった。 マイナス要因は、比較対象となる2...

ヤマダHD・住建事業の22年3月期第1四半期決算、売上増、利益改善=レオ・ヒノキヤ連結効果で受注3倍に

ヤマダホールディングス(群馬県高崎市、三嶋恒夫社長)は5日、2022年3月期第1四半期の連結業績を発表した。 ヤマダホームズやヒノキヤグループが所属する...

タマホームが新中期経営計画「タマステップ2026」を策定、26年5月期に売上高3200億円を目指す

タマホーム(東京都港区、玉木伸弥社長)は、12日に開催した取締役会において2026年5月期を最終年度とする新中期5ヵ年経営計画「タマステップ2026」を策定し...

主要住宅企業11社の2021年6月受注速報、一昨年まで回復基調

主要住宅企業11社の2021年6月度の受注速報値(金額べース、前年同月比)は、サンヨーホームズを除く10社が2ケタのプラスとなった。 主要住宅企業の受注...

ヒノキヤグループ上期受注状況、前年同期比で52%増~Z空調などのオリジナル提案がコロナ禍で購入者のニーズに合致

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)の2021年12月期における住宅受注が好調に推移している。 5月および6月の単月受注金額・棟数が過去最高を...

住友林業、21年12月期業績を上方修正=受注済み物件で想定利益下回る見込みも

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は6月23日、4月30日に公表した2021年12月期通期連結業績予想数値の上方修正を発表した。 修正後の連結業績...

ポラテックの木材プレカット価格8月分、3月の2倍に=高騰する仕入れ値転嫁、受注制限は解除

ポラテック(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は6月21日、木材プレカット事業で4月分から全社的に実施していた新規受注に対する量的制限を解除した。 これによ...

主要住宅企業10社の2021年5月受注速報、2ヵ月連続全社プラス

主要住宅企業10社の2021年5月度の受注速報値(金額ベース、前年同月比)は、前月に続き全社がプラスだった。2倍以上となったのは、旭化成ホームズ、パナソニック...

2020年度大手ハウスメーカー・ランキング、総販売戸数は大和ハウスが首位キープ=9社中8社が減少、戸建て販売はPLT合算でトップ、建替比率は公表8社すべて低下

主要な大手住宅9社(大和ハウス工業、積水ハウス、パナソニックホームズ、ミサワホーム、トヨタホーム、旭化成ホームズ、積水化学工業住宅カンパニー、三井ホーム、ヤマ...

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)