分譲住宅 | 住宅産業新聞

キーワード: 分譲住宅

ケイアイスター不動産の賃貸付き分譲住宅「戸建て大家さん」、東京・板橋区で2棟販売=首都圏エリアで展開へ

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)は、賃貸住宅付き分譲住宅「戸建て大家さん」の販売を東京都板橋区内で開始した。 同物件は「投資用賃貸物件を所有するハードルを下げるとともに、毎月のローン返済額も抑える」ということを考えて、今年5月に発表されたもの。コミュニティ...続きを読む

積水化学住宅C、全国10ヵ所でまちづくり=全棟ZEH+蓄電池仕様で

積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は6月24日、2022年度までに全国10分譲地・約300区画でZEH仕様の戸建住宅を販売する計画を発表した。 全棟に蓄電池を搭載するほか、豪雨災害対策として雨水を地下に一時貯留・浸透させる部材を全棟で採用し、内水氾濫を抑制...続きを読む

建新が働き方改革で労働環境改善、「週休3日制」にトライアル=業務効率化で生産性向上

神奈川県全域で分譲住宅を年間300棟以上供給している建新(神奈川県横須賀市、大口隆弘CEO)は、2020年6月から働き方改革に着手した。 労働環境の改善を目指すため、パソコンのシャットダウン制度をはじめクラウドソフトの導入などによって残業時間を平均25%削減した。 ...続きを読む

トヨタウッドユーホーム、栃木ミサワホーム、パナソニックホームズ北関東=分譲地内に期間限定で平屋モデル棟展開、4棟を比較検討可能

トヨタウッドユーホーム(栃木県宇都宮市、石川均社長)と栃木ミサワホーム(同、佐藤敦行社長)、パナソニックホームズ北関東(同、今井健次社長)の3社は、栃木県小山市内の分譲住宅地内に、見学可能な4棟の平屋住宅を期間限定で開設した。 同企画は、分譲地の敷地面積が200平方メートル...続きを読む

中央住宅が足立区で4ヵ所となる「六町営業所」開設、TX沿線の市場を重視=分譲住宅を増やすことでエリアの知名度を向上へ

ポラスグループの中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)で売買仲介を中心とする住宅不動産サービスを提供している不動産ソリューション事業部はこのほど、事業部として25ヵ所目の営業拠点となる六町営業所(東京都足立区)をオープンした。...続きを読む

主要住宅会社5社の2021年度戸建て関連受注計画、20年度減少幅超える伸びを想定=新常態に対応済み、ウェブ集客や商品開発

主要住宅企業5社(旭化成ホームズ、積水化学工業住宅カンパニー、積水ハウス、住友林業、大和ハウス工業)の2021年度戸建て関連受注計画が出揃った。 12月期の住友林業は20年度の受注実績を下回る慎重な計画だが、他4社はいずれも20年度を上回る受注を計画した。新型コロナによる緊...続きを読む

中央住宅がDINKS想定し開発した分譲住宅、千葉県松戸市で「Sumi―Ka」を提供=情報集積しニッチなニーズに対応

ポラスグループの中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)は、千葉県松戸市内で展開している分譲住宅の一部でDINKSなどの小家族を想定して開発した「Sumi-Ka空の稔」の提供を行っている。 同社売買仲介部門で分譲住宅を開発している不動産ソリューション事業部によるもの。現在、...続きを読む

2020年度新設住宅着工戸数、8・1%減の81万2164戸=2年連続で90万戸下回る

国土交通省が公表した2020年度の新設住宅着工戸数は、前年度比8・1%減となる81万2164戸だった。 前年度からのマイナスも、90万戸を下回るのも2年連続だ。ここ10年では最少戸数。各利用関係別とも全圏域マイナスで、同省によると「大きな地域差はなく、全体的に落ち込んだ」...続きを読む

日本木造分譲住宅協会が発足、国産材の利用促進と「脱酸素」を目指す=理事長に小池氏が就任

三栄建築設計(東京都新宿区、小池信三社長)、オープンハウス(東京都千代田区、荒井正昭社長)、ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)の3社は、「脱炭素」社会の構築および持続可能な社会づくりに向けて一般社団法人日本木造分譲住宅協会を立ち上げ、13日に都内で発表会を開催した...続きを読む

ケイアイスター不動産が「ミツカルPro」を開発=AIを活用した仕入れシステム

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)は9日、土地仕入れにおいて使用してきた「KEIAI仕入れシステム」をアップデートし、AI(人工知能)を活用した「ミツカルPro」の開発に着手したことを発表した。分譲住宅開発における用地仕入れにおいて、データ解析による迅速な価値の査...続きを読む

大手ハウスメーカー各社の2020年度戸建受注、悪化へ=主要各社軒並みマイナス、「宣言」の影響色濃く

戸建住宅大手企業3月期決算企業の2020年度(20年4月~21年3月)の戸建てを中心とした住宅受注は、パナソニックホームズを除き、前年度比マイナスだった。 また同社も、19年度に大きく実績を落としており、その反動要因が強いとみられる。いずれも、新型コロナウイルス感染拡大で...続きを読む

大興ネクスタ「モデューラ平和台 アーバンヴィラ」、敷地を広く、建物をコンパクトに=ファサードデザインに注力

東京23区の城西・城南エリアで分譲および注文住宅を展開している大興ネクスタ(東京都練馬区、菅野良寛社長)は、2019年5月から練馬区内で販売を行った「モデューラ平和台 アーバンヴィラ」が全国住宅産業協会(全住協)が選考する「第10回優良事業表彰」の戸建分譲住宅部門を受賞した。「...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)