キーワード: 分譲住宅

トヨタホーム、2022年度業績計画は利益過去最高に=コロナ禍原価低減、損益分岐棟数引き下げ

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は15日、愛知県刈谷市内の単独展示場で事業概況説明会を開催した。 2023年3月期の通期業績は、戸建分譲住宅と...

フレスコの注文住宅新商品「グランリード」、高断熱住宅にパッシブデザイン設計を導入=開設したモデルハウスを実験棟として効果測定行う

千葉県を拠点に宅地開発から用地取得のほかに分譲住宅および注文住宅の企画、設計、施工をしているフレスコ(千葉市中央区、阿久津文和社長)は7月29日、「輻射熱によ...

一建設がEC0住宅の供給開始、分譲住宅の次世代スタンダードモデルとして

飯田グループホールディングスの中核企業である一建設(東京都豊島区、堀口忠美社長)は7月27日、経済性と省エネを実現したECO住宅「デザイナーズエコ(DE)」の...

ビルダー各社の住宅受注状況、建材価格高騰などの逆風下でも好調に推移=分譲住宅ではニーズ取り込む

ビルダー各社の住宅需要が依然として好調に推移している。新型コロナウイルスの感染拡大で「ライフスタイル」や「ワークスタイル」の変化が影響したものだが、特に分譲住...

リストホームズが「湘南スタイル」展開、販売物件が5割占めるまでに=湘南エリアでは供給棟数が約3倍に

リストグループのリストホームズ(横浜市中区、北見尚之社長)は、約1年前から藤沢・辻堂・茅ケ崎の湘南エリアで展開しているサーファーズハウス「湘南スタイル」が同社...

中央住宅「北浦和みのりプロジェクト」、〝農ある暮らし〟提案=駅距離以外の価値をアピール

ポラスグループの中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)がさいたま市緑区で展開している分譲住宅「北浦和みのりプロジェクト」(全51棟)は8日、最終期の販売を開始...

新設住宅着工2022年4月度、持ち家が昭和35年以来最少

国土交通省が公表した4月の新設住宅着工は、前年同月比2・2%増の7万6179戸だった。 貸家や分譲住宅が増加した。 持ち家は消費税率アップや新型コ...

よかタウンが福岡県の住宅供給で2年連続1位に、新卒から経営陣まで理念を共有=ケイアイスター不動産との連携で分譲住宅へのシフトが奏功

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)のグループ会社であるよかタウン(福岡市東区、野島幸司社長)は、2016年のグループ加入後に注文住宅から分譲住宅...

ケイアイスター不動産「Komichi no 小町 古河市下辺見6期・7期」、「街育」をコンセプトに差別化図る=小路活用で住民の交流を促進

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)が2021年4月から茨城県古河市内で展開していた分譲住宅地「Komichi no 小町 古河市下辺見6期・7期...

一建設が家づくり相談会を開催、二世帯住宅のプラン紹介

飯田グループホールディングスの中核企業である一建設(東京都豊島区、堀口忠美社長)は4月29日~5月1日までの3日間、同社本店の石神井のショールーム(東京都練馬...

トヨタホーム、分譲地でセンターハウス開設を推進=スマホで簡単予約システムも

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は、戸建分譲住宅地内に住民が自由に使えるセンターハウスを建設して、住民の生活利便性向上、コミュニティー形成支援などに取...

新設住宅着工2022年2月度、持ち家、需要あるも減少

国土交通省が公表した2月の新設住宅着工戸数は6・3%増の6万4614戸で12ヵ月連続増となった。貸家や分譲住宅は増えたが持ち家は減少。全体の季節調整済み年率換...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)