住友林業 | 住宅産業新聞

キーワード: 住友林業

住友林業、21年12月期業績を上方修正=受注済み物件で想定利益下回る見込みも

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は6月23日、4月30日に公表した2021年12月期通期連結業績予想数値の上方修正を発表した。 修正後の連結業績予想数値(カッコ内は前回公表数値からの増減額、%表示は増減率)は、売上高1兆3100億円(530億円の増加、プラス4・2...続きを読む

住友林業など3社、リモート下刈り機実証=軽労化で林業全体の活性化

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は10日、JForest全国森林組合連合会(以下、全森連)と農林中央金庫(以下、農林中金)と共同で、林業用のリモート式下刈り機械の実証実験を開始したと発表した。 過酷な下刈り作業の負担軽減や安全性向上を図り、林業全体の活性化につなげ...続きを読む

2020年度大手ハウスメーカー・ランキング、総販売戸数は大和ハウスが首位キープ=9社中8社が減少、戸建て販売はPLT合算でトップ、建替比率は公表8社すべて低下

主要な大手住宅9社(大和ハウス工業、積水ハウス、パナソニックホームズ、ミサワホーム、トヨタホーム、旭化成ホームズ、積水化学工業住宅カンパニー、三井ホーム、ヤマダホームズ。決算期変更による9ヵ月間の累計値となる住友林業とグループ会社3社の合算値となるプライムライフテクノロジーズ「...続きを読む

主要14社の20年度ZEH普及実績=上位2社が90%超に、集計区分変更で北海道エリア急伸

環境共創イニシアチブ(東京都中央区、村上孝代表理事)は5月28日、2020年度のZEH受注実績を反映したZEHビルダー/プランナー一覧を更新した。 主要住宅企業14社の2020年度ZEH普及率(自社受注住宅のうちZEHが占める割合、北海道を除く地域)が最も高かったのは、一条...続きを読む

主要住宅会社5社の2021年度戸建て関連受注計画、20年度減少幅超える伸びを想定=新常態に対応済み、ウェブ集客や商品開発

主要住宅企業5社(旭化成ホームズ、積水化学工業住宅カンパニー、積水ハウス、住友林業、大和ハウス工業)の2021年度戸建て関連受注計画が出揃った。 12月期の住友林業は20年度の受注実績を下回る慎重な計画だが、他4社はいずれも20年度を上回る受注を計画した。新型コロナによる緊...続きを読む

住友林業と熊谷組、中大規模木造で新ブランド

住友林業と熊谷組(東京都新宿区、櫻野泰則社長)は3月31日、中大規模木造建築ブランド『with TREE』を立ち上げた。都市の建築に「木」が生む新しい価値を、共同で提供することで、中大規模建築の木造化・木質化を推進していく。 両社は、2017年の業務・資本提携以来、8つ...続きを読む

住友林業、3時間耐火認定を取得、一般流通材使い低コスト化

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は3月31日、オリジナルの木質部材『木ぐるみCT』について、梁部材で3時間耐火構造、柱部材で2時間と3時間の耐火構造の国土交通大臣認定を取得したと発表した。一般流通品のCLTや不燃材などを使用し、低コスト化を図っているのが特徴。柱梁材とも...続きを読む

住友林業21年12月期、住宅・建築は増収も減益、戸建注文は回復見込み

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)の2021年度(2021年1月~12月)業績計画がまとまった。売上高1兆2570億円(19年4月~20年3月期比3・8%増)、営業利益725億円(同41・4%増)、経常利益800億円(同36・0%増)、当期純利益480億円(同72・3%増...続きを読む

戸建住宅大手5社、国内の戸建住宅減速基調=第3四半期単独は回復傾向

戸建住宅大手企業5社の2020年度第3四半期累計の連結決算(積水ハウスは1月期、住友林業が12月期)がまとまった。このうち住宅関係では、旭化成ホームズと大和ハウス工業が前年同期実績を上回ったが、国内の戸建住宅事業についてはいずれもマイナスとなった。新型コロナウイルス感染症拡大に...続きを読む

住林など3社が傾斜地での伐採や搬出重機をアシストする林業機械

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は1月29日、傾斜地での伐採・搬出重機をアシストする林業機械『テザー』を、日本キャタピラー合同会社(東京都中野区、本田博人社長)とサナース(神奈川県横浜市、海老原豊社長)と共同開発したと発表した。ウインチとワイヤーを使ってアシストする日本...続きを読む

イノスグループ、WEB対策強化=ホームページのVR展示場で加盟店を支援

住友林業が運営する地域工務店ネットワークの「イノスグループ」は、昨年6月からWEB対策を強化したことが奏功し、加盟店144社(2020年12月末現在)による20年4月から12月の着工数は前年同期比で17棟減の166棟だったが、受注数は同11棟増の210棟となった。同グループでは...続きを読む

主要住宅企業11社の2020年12月受注速報、7社中6社2ケタ増

主要企業11社の2020年12月度の受注速報値(金額ベース、前年同期比)は、プラスの7社のうち6社が2ケタ増だった。積水ハウスと住友林業は11月に続き2ヵ月連続、タマホームは8月以降5ヵ月続けて2ケタ増となっている。(サンヨーホームズは21日時点で未公表)...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)