今週の紙面

広告

ピックアップニュース

木住協が定時総会を開催、中低層の公共建築物に注力=市川会長があいさつで言及

日本木造住宅産業協会(木住協、市川晃会長)は5月30日、東京都内で開催した定時総会で2024年度の事業計画案を承認した。 総会後に行われた懇親会で市川会長は「現状の住宅業界は...

よかタウン、販売棟数が前年度比2・3倍に=需要見込み、仕入れに注力

よかタウンは21年の熊本進出以降、注力エリアとして販売棟数を伸ばしている。なかでもTSMCの工場がある菊陽町を含む菊地郡では21年度9棟、22年16棟と伸ばしており、さらに23年...

新設住宅着工2024年4月度、14%増の7万6千戸=持ち家、減少幅緩やかに

国土交通省が公表した4月の新設住宅着工戸数は、前年同月比13・9%増となる7万6583戸だった。増加したのは、2023年5月以来のこと。貸家と分譲マンションが大幅に伸び、持ち家が...

都市緑地の評価に新制度導入=国交省、法改正で内外ESG投資を誘導、気候変動で国際的関心高く、エリア価値向上につなげる

都市の緑地について、質と量の両面で確保しようと、改正都市緑地法が5月22日に成立、同29日に公布となった。気候変動などを背景に世界的に関心の高まる都市の緑化。2023年に行われた...

住友林業・京都大学、木造人工衛星が完成=9月以降に宇宙へ放出

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は5月28日、京都大学と約4年かけて開発した木造人工衛星が完成したと発表、今月4日にJAXAに引き渡した。宇宙での木材活用が認められたのは...

YKKAP、「6・7等級」対応の木製窓発売=〝過去の課題〟克服し投入、断熱のほか「意匠・サステナブル」訴求

YKKAP(東京都千代田区、魚津彰社長)は7月22日、木製窓「APW 651」を発売する。国内の大手建材メーカーの中で木製窓の製造・販売の計画を公表している企業は現状、YKKAP...

ケイアイスター不動産、よかタウンが相互に連携、TSMCの熊本進出で受注伸ばす

台湾の半導体メーカーである台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県菊陽町で新工場を開所したことに伴い、昨年夏ごろから戸建分譲住宅の供給が活発化している。2022年3月に九州に進出し、...

ケイアイスター不動産、よかタウンが相互に連携、TSMCの熊本進出で受注伸ばす

台湾の半導体メーカーである台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県菊陽町で新工場を開所したことに伴い、昨年夏ごろから戸建分譲住宅の供給が活発化している。2022年3月に九州に進出し、...

パナソニックホームズ、神戸市垂水区で全589区画の大規模分譲販売開始=里山を残し自然と共生する暮らし提案

パナソニックホームズ(大阪府豊中市、藤井孝社長)は5月23日、兵庫県神戸市垂水区の大型分譲地「ウインズタウン神戸みずき台」のまちびらきを行った。同分譲地は甲子園球場5・5個に相当...

アマゾン・ジャパン、ASPを4領域で展開=住宅領域で新規導入、スマートホームで付加価値

アマゾンジャパン(東京都目黒区、ジャスパー・チャン社長)は昨年12月から日本国内で導入した「Alexa Smart Properties(ASP、アレクサ・スマート・プロパティー...

23年度の災害復興融資、東日本大震災に23・1億円

住宅金融支援機構が5月28日に公表した災害復興住宅融資の申込件数によると、2023年度の申込件数は141件で、融資実行件数は191件、融資実行金額は44・9億円になった。災害別で...

横浜市=用途地域を見直し、人口減少や高齢化に対応

神奈川県横浜市は5月24日、全市的に用途地域を見直した。人口減少、少子高齢化、さらに建築物の老朽化などが背景。市民の暮らしやすさを引き上げ、新たなライフスタイルにも適用させようと...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)