住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞
新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組む住宅関連企業による在宅勤務・テレワーク実施強化に伴い、2020年4月以降に発行する住宅産業新聞の全紙面を緊急事態宣言が解除されるまで、無料公開します。
(無料公開期間=緊急事態宣言が解除されるまで)

今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

トヨタホーム、木質系戸建て新ブランド「モクア・ジェイ」=金物つかった木軸工法、分譲中心に展開

「モクア・ジェイ」の外観イメージ トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は、木質系戸建住宅の新ブランド「モクア・ジェイ」を4月27日に発売した。 一般流通品の木材を使った木造軸組工法をベースに、柱や梁など...続きを読む

住宅展示場協議会調べ20年4月度総展来場者組数、マイナス67%に=新型コロナの自粛影響、「調査開始以来、最大の減少幅」

住宅展示場協議会がまとめた2020年4月度の総合住宅展示場来場者組数(暫定版)は、対前年同月比マイナス67・16%の11万6359組。「調査開始以来、最大の減少幅」(同協議会)とい...続きを読む

積水ハウス、岐阜造園と資本提携視野に業務提携=外構・造園事業の基盤強化

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は15日、岐阜造園(岐阜県岐阜市、小栗達弘社長)と資本提携を視野においた業務提携を締結した。 大規模分譲地や都市再開発、大規模プロジェク...続きを読む

全宅連調査の不動産市況DI、新型コロナ影響=大幅下落に

新型コロナウイルス感染拡大による不動産取引への影響が広がっている。 全国宅地建物取引業協会連合会の不動産総合研究所が行った4月時点における不動産価格・取引の(3ヵ月前と比較と...続きを読む

リンナイ、「乾太くん」伸び率最高に=販売台数約37%増、「『ガス式の効果』認知拡大」と

「乾太くん」の施工イメージ リンナイ(愛知県名古屋市、内藤弘康社長)が国内市場で販売するガス式衣類乾燥機の台数が2020年3月期に前期比36・9%増となり、過去最高の伸び率を記録した。 同社はその理由に...続きを読む

ウェルネストホームの「試住体験」が急増、高性能住宅をモデルハウスで体感

二世帯住宅や賃貸併用としても使用可能な鎌倉市のモデルハウス ウェルネストホーム(愛知県長久手市、芝山さゆり社長)が全国のモデルハウスで展開している「試住体験」の申込者が2月ごろから急増している。 同社では新型コロナウイルスの影響により...続きを読む

住団連の20年度第1回景況感調査、受注戸数・金額ともにマイナス=景気悪化不可避、「浮揚の要素なし」と先行き不安視

住宅生産団体連合会(阿部俊則会長)は12日、住団連および住団連団体会員の会員企業16社のトップに対して実施した経営者の住宅景況感調査(2020年度第1回報告)をまとめ、公表した。 ...続きを読む

緊急事態宣言下での主要住宅9社の受注状況、都市圏大打撃も地方堅調か=新型コロナが影響、受注に地域差

新型コロナウイルス感染症対策の一環で4月16日、政府は緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大した。 住宅会社の多くは、総合住宅展示場での大規模な集客イベントの自粛や、対面で...続きを読む

建築指導課、建築士のIT重説を暫定運用=設計受託契約で

国土交通省の建築指導課は1日、設計受託契約の際、建築士が建築主に対して行う事前の重要事項説明をIT重説の形でも認めることを決めた。 新型コロナウイルス感染症拡大を受けた対策で...続きを読む

ダイキン工業、「同志社―ダイキン『次の環境』研究センター」を開設=「CO2分解」で共同研究

ダイキン工業(大阪市北区、十河政則社長)は4月、同志社大学内に「同志社―ダイキン『次の環境』研究センター」を開設した。 ダイキン工業の事業に関する環境課題をテーマにした共同研...続きを読む

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)