住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞

今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

◎三協立山、課題は国際事業の収益改善=「満足をお届けする新しいスタートに」と◎

三協立山(富山県高岡市、平能正三社長)は10日、8月27日付でトップに就いた平能社長の就任会見を行った。会見で平能社長は、前期決算が最終赤字となった主要因で全4事業のうち唯一の事...続きを読む

◎ナイス、新たな住まい方を提案=在宅勤務やステイホームに対応◎

ナイス(横浜市鶴見区、杉田理之社長)は4日、木造戸建住宅商品「パワーホーム」の新シリーズとしてウィズコロナ時代に対応した新しい住まい方を提案する「New Normal×New S...続きを読む

◎主要住宅企業11社の2020年8月受注速報、プラス7社で2社増◎

主要企業11社の2020年8月度の受注速報値(金額ベース、前年同期比)によると、プラスが7社となり前月より2社増えた。サンヨーホームズの同2倍を筆頭にタマホームが同39%増、住友...続きを読む

◎積水ハウス、2020年度通期受注計画を下方修正=コロナ禍で、第3四半期以降は回復も◎

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は、2020年度通期の受注計画について、2305億円下方修正した。新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて、第2四半期累計の実績が前年同期比...続きを読む

目安光熱費を住宅サイトで表示=国交省が方針示す、省エネ住宅へ誘導、22年から

国土交通省は住宅の省エネルギー性能表示について、住宅情報ポータルサイトで、★マークによる多段階評価と目安光熱費(年額)を表示する方針を示した。2022年度からスタートさせる考え。...続きを読む

一般社団法人HEAT20研究会が活動スタート=住宅事業者の参加が可能に、YouTubeでセミナーや講演会

従来の任意団体から8月に一般社団法人となった「20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」(東京都千代田区、坂本雄三理事長、以下、HEAT20研究会)が事業活動をスタートさせる。一...続きを読む

分譲住宅事業が好調に推移、コロナ禍で在宅時間が増え5月以降の数字に伸びをみせる

「自宅でWEB会議をしようとすると、家族はベランダに避難しないといけない」――。新型コロナウイルス感染拡大の影響により住まいに対する考え方が変わってきている。なかでも、テレワーク...続きを読む

ヤマダ電気、ヒノキヤグループを連結子会社へ=資本提携打診はヒノキヤグループ側から、M&Aによる強化で思惑一致

ヤマダ電機(群馬県高崎市、三嶋恒夫社長)はヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)を連結子会社化する。ヒノキヤグループの創業家株主およびグループ外大株主などを対象とする株式...続きを読む

◎LIXILグループ連結月次売上高「6月」「7月」、「海外」は3ヵ月ぶりに増加=「国内」は減少幅5ポイント拡大◎

LIXILグループ(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は8月24日、連結月次売上高の6月(上表)および7月(下表)を公表した。前年同月比で6月は国内と海外の合計が9%減となり、内訳は国...続きを読む

◎ナイスが「防災の家」を販売=自然災害に備えた設備提案◎

ナイス(横浜市鶴見区、杉田理之社長)は1日、木造戸建住宅商品「パワーホーム」の新シリーズとして、地震や台風・豪雨といった自然災害に備えるための設備を取り揃えた「防災の家」の販売を...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)