住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞

今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

◎環境省、ZEH化支援事業=21年度は5月開始に◎

環境省は、2021年度のZEH支援事業の初回公募は5月初旬から中旬以降に開始することで検討を進めている。現在は、20年度の3次補正予算で補助事業の公募を行っており、この募集期間(...続きを読む

◎美和ロック、顔認証電気錠の商品化検討=セキュリティ向上で、早ければ2020年度下期に◎

美和ロック(東京都港区、川邉浩史社長)は施解錠の要素の一つに顔認証が必要な住宅用電気錠の商品化を検討している。施解錠時のハンズフリー化による利便性に加えセキュリティー性を向上させ...続きを読む

◎MUJI HOUSEがUR都市機構と連携協定、団地全体をリノベーション=多層年代におけるコミュニティーを形成◎

MUJI HOUSE(東京都豊島区、松﨑曉社長)と独立行政法人都市再生機構(UR都市機構、中島正弘理事長)は3月15日、「MUJI×URに関する連携協定」を締結した。両社は201...続きを読む

◎積水ハウスの「スマート・イクス」3ヵ月半で受注1千棟◎

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)の戸建住宅用次世代室内環境システム『SMART-ECS(スマート・イクス)』が好調だ。昨年12月14日の販売開始から3月末までの3ヵ月半で、...続きを読む

◎大手ハススメーカー各社の2020年度戸建受注、悪化へ=主要各社軒並みマイナス、「宣言」の影響色濃く◎

戸建住宅大手企業3月期決算企業の2020年度(20年4月~21年3月)の戸建てを中心とした住宅受注は、パナソニックホームズを除き、前年度比マイナスだった。また同社も、19年度に大...続きを読む

◎YKKAP、マンション用のリフォーム断熱窓発売=戸建て用引き込み戸も、既存物件の環境改善◎

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は工期が半日~1日の既存物件リフォーム用カバー工法の新製品として5日、既存分譲マンション住戸向けアルミ・樹脂複合窓「マドリモ 断熱窓 ...続きを読む

◎タカショー、名古屋ショールームを移転・リニューアル=「5th ROOM」空間展示◎

タカショー(和歌山県海南市、高岡伸夫社長)は3月、名古屋ショールームを愛知県名古屋市内へ移転しリニューアルオープンした。リビングなどをフラットデッキでつなぎ庭の自然を室内に呼び込...続きを読む

◎ケイアイスター不動産、戸建住宅用の見守りアプリの共同開発に合意=CO2センサー技術を活用◎

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)は1日、同社グループ会社のカーザロボティクス(群馬県高崎市、細谷竜一社長)とプロンプト・K(鹿児島県鹿児島市、岩倉路和社長)との共...続きを読む

◎新昭和グループ、注文事業を一本化=首都圏中心に施工体制強化◎

新昭和グループ(千葉県君津市、松田芳己社長)は1日、新昭和ウィザース東関東と新昭和ウィザース神奈川を統合し、ウィザースホーム(千葉市中央区、神崎智社長)を設立。注文住宅事業の展開...続きを読む

◎住友林業と熊谷組、中大規模木造で新ブランド◎

住友林業と熊谷組(東京都新宿区、櫻野泰則社長)は3月31日、中大規模木造建築ブランド『with TREE』を立ち上げた。都市の建築に「木」が生む新しい価値を、共同で提供することで...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)