今週の紙面

広告
広告

ピックアップニュース

住宅金融支援機構調べ=固定期間選択型の利用希望が増加、金利上昇の見通しで、「今が住宅の買い時」初めて3割下回る

住宅金融支援機構が実施した、住宅ローン利用予定者調査(2022年4月調査)によると、利用予定者の希望する金利タイプは変動型が37・6%で前回調査の40・1%から2・5ポイント減っ...

国交省が省エネ義務化、建築基準法改正など方向性示す、25年度からの施行へ向け説明会開催、4号特例廃止や審査合理化も

国土交通省は、小規模建築物・住宅も含めた省エネ基準適合義務化を前に、建築基準法などの改正についての説明会を実施した。 政令で定めるものなど具体的な決定は今後行われるものも多...

デコス、省エネ基準適合義務化で「デコスファイバー」訴求

デコス(山口県下関市、安成信次社長)は7月27日、同社が製造・販売する新聞紙が主原料のセルロースファイバー系断熱材「デコスファイバー」をアピールするリリースを発表した。 2...

一建設がEC0住宅の供給開始、分譲住宅の次世代スタンダードモデルとして

飯田グループホールディングスの中核企業である一建設(東京都豊島区、堀口忠美社長)は7月27日、経済性と省エネを実現したECO住宅「デザイナーズエコ(DE)」の供給を2022年下期...

タカショー、事業対応を強化=外販会社「GLD―LAB」設立

タカショー(和歌山県海南市、高岡伸夫社長)は7月27日、住宅エクステリアに関する4D空間デザイン・XRシミュレーション製品を事業者に提供する完全子会社「GLD―LAB」(鳥取市若...

ライフデザイン・カバヤがベトナムでCLTに着手、現地に木造3階建ての実験棟建設=現地大学とは共同研究・実験で覚書

ライフデザイン・カバヤ(岡山市北区、窪田健太郎社長)は7月27日、ベトナム向け木造戸建住宅の開発プロジェクトにおいてベトナム・ハイノ郊外にCLTを用いた木造3階建ての自社実験棟を...

サンヨーホームズ、高さ4メートルを実現する「ゆとりモア3D」=空間を立体的に捉えて広がりを

サンヨーホームズ(大阪市西区、松岡久志社長)は7月21日、業界トップクラスの1階天井高4メートルを実現する提案「ゆとりモア3D」を発売した。 大空間と連続するスキップフロア...

【トレンドナビ】コネプラのコミュニティ醸成サービス=分譲マンションでイベント開催、リアル×デジタルで現代版の「ご近所づきあい」支援

旭化成グループの社内ベンチャーから発足したマンションや自治会などのコミュニティ醸成を支援するコネプラ(東京都千代田区、中村磨樹央社長)は7月23日、分譲マンション・アトラス加賀(...

大建工業、「GP25」最終の新中計スタート=〝重点3市場〟強化を継続、基本方針は「サステナビリティ」「社会課題解決」

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)が今年度始めた事業期間4ヵ年の「GP25 3rd Stage」(以下、3rd Stage)は、「建築資材の総合企業」確立を目指す「GP25」の...

北洲が展開する平屋住宅、供給棟数が2割占める=WEB強化で請求が増加

宮城県をはじめ岩手県、福島県などで注文住宅を施工・販売している北洲(宮城県富谷市、村上ひろみ社長)は、2007年に平屋住宅「あたたかいひらや」シリーズをスタートしたが、5年前から...

積水化学工業住宅C、木質系ユニット住宅「グランツーユーV」にグリーンモデル=電気をなるべく買わない暮らしで光熱費高騰リスク低減

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は、2×6工法の木質系ユニット住宅「グランツーユーV(ファイブ)」に環境フラッグシップモデルを追加し、「グランツーユ...

ビルダー各社の住宅受注状況、建材価格高騰などの逆風下でも好調に推移=分譲住宅ではニーズ取り込む

ビルダー各社の住宅需要が依然として好調に推移している。新型コロナウイルスの感染拡大で「ライフスタイル」や「ワークスタイル」の変化が影響したものだが、特に分譲住宅ではテレワークなど...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)