住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞

今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

国交省、水害対策で指針策定=団体通じ周知図る

国土交通省は6月19日、相次ぐ甚大な水災害による建築物被害に備えるため、電気設備を上階に置くなど対策を柱とする、「建築物における電気設備の浸水対策ガイドライン」を公表した。 ...続きを読む

タカラスタンダード、ベトナムの展示会「VIETBUILD」に2度目の出展=ホーロー製品など訴求

同社の展示ブース タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)が海外の市場開拓を進めている。6月の24日から28日までベトナムで開催された同国最大級の建築系展示会「VIETBUILD(ベトビルド...続きを読む

アールシーコアが収益回復へ施策展開、新中期3ヵ年計画期間で定着目指す

「BESS」ブランドでログハウス事業を展開しているアールシーコア(東京都渋谷区、二木浩三社長)は2021年3月期を初年度とする「新中期3ヵ年計画」において、売上高240億円、営業利...続きを読む

大手9社の19年度平均棟単価=上昇続くも二極化、床面積は横ばい

大手住宅企業9社の2019年度の1棟あたりの平均単価は、5社が上昇し、4社が下落した。 上昇基調が続くものの、上昇幅には二極化傾向がみられる。1棟あたりの平均単価が最も高かっ...続きを読む

メッドコミュニケーションズが工務店・ビルダーのアフターフォロー代行、人手不足や新築重視の考えを支援=〝三方良し〟のビジネス展開

定期的な住まいの点検訪問でニーズを掘り起こす 住宅の引き渡し後からスタートする施主との関係。工務店・ビルダーのなかには人手が足りないという理由や新築着工を重視する考えもあって、アフターメンテナンスの取り組みを弱点とする会社が少...続きを読む

YKKグループ国内AP事業の2020年3月期業績、駆け込み反動減と新型コロナの影響で減収減益

YKKグループ事業別連結業績における2020年3月期国内AP事業は前期比で売上高が1%減の3745億円、営業利益が5%減の162億円、経常利益が5%減の165億円、最終利益が5%減...続きを読む

ライフデザイン・カバヤが8月からCLT戸建住宅を販売、初年度50棟目指す

日本CLT技術研究所の運営会社であるライフデザイン・カバヤ(岡山市北区、野津基弘社長)は、同社オリジナルの非住宅向けCLT(直交集成材)パネル工法「LC―core(エルシーコア)構...続きを読む

ヒノキヤグループ「ZOOON」、「Z空調」の体感施設がオープン

ZOOONの入口 ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の全国的な解除を受け、同社が開発した新時代冷暖システム「Z空調」の冬の暖かさを1年中体...続きを読む

住宅展示場協議会調べ・20年5月度の来場者組数、2ヵ月連続で7割減

住宅展示場協議会がまとめた総合住宅展示場来場者組数調査によると、2020年5月の全国の来場者組数は、13万7104組(対前年同月比69・15%減)となった。 減少幅は4月から...続きを読む

【トレンドナビ】旭化成ホームズ・ラウムフレックスモデル棟=大空間に映える新様式

整然と並ぶ列柱とアーチ天井 旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は、富裕層向けの邸宅フラッグシップモデル「ラウムフレックス」のモデル棟を、東京・新大久保のハウジングステージ新宿展示場内にオープンした...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)