キーワード: マンション

トヨタホーム、2022年度業績計画は利益過去最高に=コロナ禍原価低減、損益分岐棟数引き下げ

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は15日、愛知県刈谷市内の単独展示場で事業概況説明会を開催した。 2023年3月期の通期業績は、戸建分譲住宅と...

マンションリフォーム推進協の将来市場予測=30年に2兆4千億円規模に、価値向上工事の需要喚起訴え

マンションリフォーム推進協議会は、2030年のマンションリフォーム市場を2兆4478億円と予測する「令和3(2021)年度マンションリフォーム市場将来需要推計...

環境省、エネ庁=23年度ZEH予算の概算要求、規模・内容は今年度並み、M改修では増額要求で

経済産業省資源エネルギー庁と環境省は、2023年度予算概算要求で、ZEH関連の要求を行った。 資源エネルギー庁は、ZEBや建材の実証支援なども含む「住宅...

建築研究所、事務所浸水対策費の費用対効果を研究調査=ハウスメーカー・工務店・設計事務所・不動産事業者の事務所で効果、被害額ゼロのケースも

戸建住宅やマンションの浸水対策などを行ってきた建築研究所の木内望博士が、新たに事務所の浸水対策と費用効果分析の研究結果を示した。 対策を講じた場合の効果...

YKKAP、既存住宅市場の需要開拓強化=「性能向上リノベ デザインアワード」開催、戸建性能向上リノベPJは累計18件目「南信州 高羽町の家」

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は既存住宅市場の需要開拓を強化する。 10日から同社製品採用の有無にかかわらず、また、マンションも対象に既存住宅...

新築の割合が過去最少に=21年度のフラット35利用者調査、世帯年収は伸び悩み、価格・年収倍率は上昇

フラット35利用者のうち、新築住宅を使途とする人の割合が減っている。 住宅金融支援機構が実施した最新の調査結果によると、取得住宅の内訳では新築住宅の割合...

タカラスタンダード2023年3月期第1四半期決算、資材高で利益13%減=売上高は過去最高を更新

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)が2日に発表した2023年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比13%減の32億円だった。 売上高...

穴吹工務店の徳田社長=ZEH仕様の顧客評価「増加」

穴吹工務店は、一次エネ消費削減量20%以上を実現するZEH―Mの普及に注力している。 同社が展開する分譲マンションは、環境配慮と住生活の向上を目指し、原...

穴吹工務店、新潟市内最大規模のZEHマンション=11月中旬に販売開始へ

穴吹工務店(香川県高松市、徳田善昭社長)は7月29日、新潟県新潟市で開発中の分譲マンション「ザ・サーパスタワー新潟万代シティ」のモデルルームを報道関係者に公開...

【トレンドナビ】コネプラのコミュニティ醸成サービス=分譲マンションでイベント開催、リアル×デジタルで現代版の「ご近所づきあい」支援

旭化成グループの社内ベンチャーから発足したマンションや自治会などのコミュニティ醸成を支援するコネプラ(東京都千代田区、中村磨樹央社長)は7月23日、分譲マンシ...

大阪ガスがリノベ事業に参画、関西圏で市場拡大狙う=体感できるショールームを準備

大阪ガス(大阪市中央区、藤原正隆社長)は8日から、Daigasグループの大阪ガスマーケティング(大阪市中央区、植田信一社長)およびグローバルベイス(東京都渋谷...

タカラスタンダード、システムバスの品揃えを再構築・強化、8月末に「グランスパ」=「レラージュ」と「ミーナ」の仕様を一元化しラグジュアリー機能追加

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)はシステムバスの品揃え再構築・強化を目的に8月29日、現行の「レラージュ」と「ミーナ」の各種仕様を一元化した上...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)