マンション | 住宅産業新聞 | Page 3

キーワード: マンション

大和ハウス工業=金沢で建設中の分譲マンション、北陸初のZEHマンションに

環境配慮型分譲マンション「プレミスト西金沢ステーションフロント」 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は、石川県金沢市で建設中の分譲マンション「プレミスト西金沢ステーションフロント」が、環境省の高層ZEH―M支援事業に採択された、北陸3県で初めてのZEHマンションになると発表した。 2重サッシなどで建物の断熱性能を高めるとともに、エ...続きを読む

リノべるが戸建リノベに注力、自社の強みや特徴を整理して施工実績を伸ばす

中古マンションのリノベーションサービスを手掛けるリノべる(東京都渋谷区、山下智弘社長)は2020年度以降、戸建住宅のリノベーションにも注力していく考えだ。 既に19年度からは戸建住宅向けの設計部門を設置したほか、昨年末から戸建住宅向けのセミナーを開始。同社では今後、戸建住宅...続きを読む

不動協、「工期設定、受注者が主体」国交省中建審の工期設定基準WGで説明、住宅建築の特徴と公共との違い訴え

不動産協会は、国土交通省の中央建設審議会下に設置されている工期に関するワーキンググループ(WG)で、マンション建築の工期は基本的に受注者が計画するものであることを訴えた。 マンションデベロッパーは、受注者から工期の提案を受ける側であることを強調しつつ、民間建築工事と公共工事...続きを読む

建設経済研究所の2020年度住宅着工予測、85万4500戸

建設経済研究所は1月30日に公表した建設投資見通しとして、20年度の新設住宅着工予測は前年度比4・2%減の85万4500戸となる予測を発表した。貸家の減速が大きく影響するという。また持ち家も、消費増税対策の効果が剥落して減少するとの見通し。分譲マンションは、販売価格の高騰を背景...続きを読む

パナソニックホームズ=複合施設ブランド第1弾「パトナ吹田健都」竣工、吹田SSTとの相乗効果も期待

パトナ吹田健都 パナソニックホームズ(大阪府豊中市、井上二郎社長)は21日、「patona(パトナ)吹田健都」を竣工した。JR岸辺駅に隣接する操車場跡地の吹田市が所有する約4千平方メートルの事業用地を、同社が50年間借りて地上7階建ての複合施設を設計・建設・運営する。 42戸の賃貸マンショ...続きを読む

環境省のZEH支援事業、前年度予算規模を確保=各省の20年度予算・19年度補正予算

環境省は、2020年度予算で戸建てZEHへの支援として前年度規模を確保した。 ただし、1戸当たりの補助額は引き下げる。ZEH化のために必要となるコストが年々低減していることを受けたもので、市場へのさらなる普及を促す。またマンション支援でも見直しを行う。 新年度予算は、...続きを読む

2020年度国交省予算、14%増の6兆7千億円、住宅局予算は2%増に

政府が12月20日に閣議決定した2020年度予算で、国土交通省関係予算は、前年度分の14%増となる6兆7363億円となった。 激甚化・頻発化している自然災害を念頭に防災・減災、安全で安心できる社会の実現を図る。 また、民間投資を促すまちづくりやコンパクト・プラス・ネッ...続きを読む

19年11月の新設住宅着工戸数=12・7%減の7万3523戸、5ヵ月連続減

ウェブ先行配信記事
国土交通省が発表した2019年11月の新設住宅着工戸数は、前年同月比12・7%減の7万3523戸で、5ヵ月連続のマイナスだった。季節調整済み年率換算値は83万4千戸。前月から5・2%の減少。 利用関係別にみると、持ち家は前年同月比7・3%減の2万3655戸で、4ヵ月連続の減...続きを読む

大和ハウス工業=台湾でホテルと分譲マンション開発

(仮称)高雄プロジェクト 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は11月29日、台湾の大手不動産開発会社が設立した汎陸建設實業に出資し、台湾高雄市で、ホテルと分譲マンションの複合開発プロジェクト「(仮称)高雄プロジェクト」を2020年1月から開始すると発表した。 ホテル棟は、ホテルオークラの子会...続きを読む

2019年上期の「安心R住宅」流通、687件にとどまる

国土交通省がこのほど公表した「安心R住宅」(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)の2019年度上期(19年4月~9月)の実績報告によると、同期間に安心R住宅として流通した件数は687件にとどまっていた。 制度開始以来の累計でも1953件。なお、上期に流通した安心R住宅の...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)