今週の紙面 | 住宅産業新聞

今週の紙面

2020年7月2日(第2001号)/メッドコミュニケーションズが工務店・ビルダーのアフターフォロー代行、人手不足や新築重視の考えを支援=〝三方良し〟のビジネス展開

主なトピックス
大手9社の19年度平均棟単価=上昇続くも二極化、床面積は横ばい/アールシーコアが収益回復へ施策展開、新中期3ヵ年計画期間で定着目指す/タカラスタンダード、ベトナムの展示会「VIETBUILD」に2度目の出展=ホーロー製品など訴求/国交省中建審のWGが基準案、発注者の工期責務に言及=消費者への説明も記載、不動協は反対意見を表明/LIXILグループ、新型コロナ対策でペットボトル活用の手洗い器「SATO Tap」開発し開発途上国に普及=現地エンドユーザー価格は3~6ドル

連載
コラム「ひと」=パナソニック建設エンジニアリング事業企画部事業企画課主事の水巻良太さん/これからの木造建築のつくり方=24(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=275/注目の助成金=58(ナビット社長 福井泰代)/ネット追客の成功法=74(㈱追客力代表 曽根田太郎)

掲載記事一覧
TOTO、ウォシュレットが発売40周年=「おしりだって、洗ってほしい」で知名度=海外展開の重要戦略商品に/新設住宅着工戸数2020年5月度、12%減の6万3千戸=年率換算で80万7千戸/リンナイ、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参画=コロナ対策の知財権活用、権利不行使/大和ハウス工業、事業施設投資を倍増=第6次中計投資計画/旭化成ホームズ、在宅ワーク下での暮らしの変化調査=仕事の場が住まいに混在、多様な業務に対応した空間を/ミサワホーム、第60次南極観測隊員の小山悟さんが帰国報告会を開催=基本観測棟などを施工/積水ハウス、東京大学と寄付講座=国際建築教育拠点でグローバルな人材交流を創出/積水化学工業、第2回プラチナキャリア・アワードで最優秀賞/大東建託「ROOFLAG」がオープン、賃貸住宅の情報発信基地に=国内最大級のCLT材を使用/エースホームが期間限定で新商品を販売、「新しい生活様式」に対応/ハイアス・アンドカンパニー子会社「GARDENS GARDEN」の加盟店が100社を突破/飯田産業が大阪府立大、市立大と共同研究開始/リビングアメニティ協会の喜多村新会長が就任あいさつ、〝適切な取り換え〟当たり前に/三協立山、2020年5月期通期連結業績予想を下方修正=最終損益は赤字に/ノーリツ、社長に腹巻専務が昇格=國井社長は代取会長に/LIXILグループの5月の月次売上高、「リフォーム」と「海外」除き減少幅拡大/LIXIL、熊本赤十字病院などと共同研究=「withCUBE」の活用で/国交省、水害対策で指針策定=団体通じ周知図る/国交省の住生活基本計画見直し、コロナ影響の対応も/住宅金融支援機構の「住宅ローン利用者調査2019年度第1回調査」、変動の10年固定増加/2020年1月1日から4月1日の地価LOOKレポート、横ばい・下落が増加=感染症の拡大響き/既存住宅販売量指数3月分、4%下落/パナソニック・ライフソリューションズ社、「コンパクトブレーカ」が発売から20周年 他

人事・機構改革
旭化成ホームズ/大和ハウス工業

 関連(広告)


過去の新聞はこちら

年別

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)