住宅・工務店 | 住宅産業新聞

記事の分類: 住宅・工務店

GTN、特定技能人材採用のウェブセミナー開催、8月24日

外国人専門家賃保証事業を展開するグローバルトラストネットワークス(GTN)は、8月24日14時から、特定技能人材採用についてのウェブセミナーを開催する。選考から内定、入社、入社直後までにおける注意すべき点などを、実例を踏まえて紹介する。参加費は無料。申し込みは専用ホームページ(...続きを読む

ケイアイスター不動産の賃貸付き分譲住宅「戸建て大家さん」、東京・板橋区で2棟販売=首都圏エリアで展開へ

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)は、賃貸住宅付き分譲住宅「戸建て大家さん」の販売を東京都板橋区内で開始した。 同物件は「投資用賃貸物件を所有するハードルを下げるとともに、毎月のローン返済額も抑える」ということを考えて、今年5月に発表されたもの。コミュニティ...続きを読む

トヨタホーム、雁行区画設計で街並みにリズム=分譲地に変化とゆとりを創出

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は13日、千葉県印西市で開発した全136区画の戸建分譲地「ザ・シェブロンノット」の販売を開始した。 同分譲地は、正方形や長方形を並べた画一的な街区設計ではなく、接道に対して10度ほど角度を付けた「やま形の幾何学図形(シェブロン)」...続きを読む

スターツホーム、ニューノーマル時代の住まい提案=「応災の家」、暮らしと命守る

スターツグループで注文住宅を手掛けているスターツホーム(東京都江戸川区、寺島将司社長)では、ニューノーマル時代の新たな住まいとして『応災の家』を展開している。 同社がこれまで個別に提案していた商品を組み合わせてパッケージ化しており、災害が起こる前後の「暮らし」と災害発生時...続きを読む

フィアスホームが羽村市にモデルハウスを開設、神田ホームが多摩エリアに初出店

LIXIL住宅研究所(東京都江東区、加嶋伸彦社長)が運営するフィアスホームに加盟する東京羽村店である神田ホーム(東京都羽村市、神田佳憲社長)は10日、多摩エリアにおいて初出店となるモデルハウスをオープンした。...続きを読む

ライフデザイン・カバヤが香川県・丸亀市に初の展示場をオープン

ライフデザイン・カバヤ(岡山市北区、窪田健太郎社長)は17日、香川県内で2店目となる『クラシコ丸亀展示場』を香川県丸亀市にある総合住宅展示場クラシコ丸亀内にオープンする。同社の丸亀市への出展は、今回が初めて。...続きを読む

大和ハウス工業、「家事シェアハウス」が子育て支援大賞=子どもの成長、助け合いの精神育む

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は9日、共働き世帯のために家事の時間的・心理的負担を軽減する戸建住宅「家事シェアハウス」が、日本子育て支援協会主催の第2回日本子育て支援大賞2021を受賞したと発表した。 「ママの家事負担を減らす」ことだけでなく、子どもの成長にお...続きを読む

【トレンドナビ】三井ホームの木造マンション=市販品使い実棟建設、他企業の新規参入に期待

三井ホーム(東京都新宿区、池田明社長)は、木造中層集合住宅・木造マンションの国内普及に本腰を入れる。 東京・稲城に建設中の木造マンションは、調達しやすい2×4の規格材や市販の釘などを構造材に採用しており、大がかりな生産設備や特別な施工技術を持たない地域の建設会社でも建築で...続きを読む

建材トップランナー制度=基準見直しの議論開始、経産省エネ庁など省エネで、経済的合理性も念頭

経済産業省資源エネルギー庁は、建材、特に窓ガラスやサッシの性能評価基準見直しの議論を開始した。 2050年のカーボンニュートラルを目指すにあたり、同庁は、国土交通省、環境省と合同で、住宅・建築物の省エネルギー性能向上の議論を進めており、住宅などの省エネにとって重要な建材ト...続きを読む

ヒノキヤグループ上期受注状況、前年同期比で52%増~Z空調などのオリジナル提案がコロナ禍で購入者のニーズに合致

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)の2021年12月期における住宅受注が好調に推移している。 5月および6月の単月受注金額・棟数が過去最高を更新したこともあり、上期の受注実績は前年同期比で52%増を記録した。 近藤社長は「Z空調をはじめこれまで当社が行っ...続きを読む

住団連の第6回環境行動調査、約3割が「SDGs知らない」=情報発信で普及率向上に

住宅生産団体連合会(住団連、芳井敬一会長)の環境部会は6月30日、「第6回環境行動意識調査結果」を公表した。今回は、建築業界の企業におけるSDGsの認知度や達成に向けた取り組みなどを調査した。 調査結果では、約3割の企業がSDGsについて「社員のほとんどが知らない」と回答...続きを読む

ミサワホーム・2030年見据えたコンセプト住宅、シェアオフィス併設で地域に開く=水害対策など強化、持続可能性を追求

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は9日、2030年を見据えたコンセプト住宅「グリーン・インフラストラクチャー・モデル」を東京・高井戸の体感施設「ミサワパーク東京」内にオープンした。 「未来の住宅は社会のインフラになっていくだろう」(磯貝社長)との考えから、シェア...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)