キーワード: 旭化成ホームズ

主要住宅企業12社の2022年10月度の受注速報値、2ケタプラス6社に

主要住宅企業12社の2022年10月度の受注速報値(金額ベース、前年同月比)は、9社がプラスとなった。 2ケタのプラスが旭化成ホームズ、住友林業、ミサワ...

2023年3月期第2四半期決算【旭化成ホームズ】=通期売上高が初の8千億円台へ、「中計通り進ちょく」と評価

旭化成ホームズの23年3月期第2四半期連結業績は、売上高4010億円(対前年同期比6・7%増)、営業利益329億円(同2・7%増)の増収増益となり、売上高・利...

大手住宅3社の23年3月期第2四半期決算=海外など好調で全社増収に、戸建て受注減が来期業績の不安材料に

大手住宅企業の2023年度第2四半期決算が出揃った。 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は、米国住宅事業を中心とする海外事業の拡大で2期連続の増...

旭化成ホームズ、50周年記念第2弾モデル「ラティウスRDファイネストヴィラ」=1階天井高を高めて空間の広がりを演出

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は、創業50周年記念商品「ラティウスRD」に新デザインを採用したコンセプトモデル空間の「ラティウスRDファイネス...

旭化成ホームズ・くらしノベーション研究所=賃貸併用住宅の価値を調査、経済価値と暮らしの価値を評価・分析

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)の調査研究機関・くらしノベーション研究所は4日、第19回くらしノベーションフォーラムを開催し、賃貸併用住宅の価値...

【トレンドナビ】旭化成ホームズの海外事業=工業化で現地に技術革新を、25年度売上高2千億円へ

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は海外事業の規模拡大を目指す。 北米と豪州の2地域を主軸に、市場を熟知する現地企業と連携を強化。工業化住宅...

2021年度大手ハウスメーカー・ランキング、総販売戸数トップは大和ハウス工業=戸建て販売戸数、前年度比増は6社

住宅産業新聞が集計した2021年度の大手住宅企業11社(プライムライフテクノロジーズはパナソニックホームズ、ミサワホーム、トヨタホームの合算値)の総販売戸数(...

旭化成ホームズ、3ヵ年の新中期経営計画=顧客生涯価値を最大化

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は5月30日、2022年度を初年度とする3ヵ年の新中期経営計画に関する記者説明会を開催した。 国内事業では...

旭化成ホームズ22年3月期決算=海外成長で過去最高業績=国内住宅は高付加価値化が業績貢献

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は16日、2022年3月期の決算発表会を開催した。 海外事業の大幅な増収増益が連結業績に貢献し、売上高は7...

旭化成ホームズ、新構法採用の戸建住宅新商品「ラティウスRD」=2階部分は自由度高い大空間を実現

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は、創業50周年記念商品「ヘーベルハウス ラティウスRD」を4月28日に発売した。 新構造を採用し、2階部...

主要住宅企業11社の2022年3月度の受注速報値、3月期企業年度累計比が全社プラスに

主要住宅企業11社の2022年3月度の受注速報値(金額ベース、対前前年同月比)は、プラスが6社、マイナスが4社、横ばいが1社だった。また、3月期決算企業5社の...

旭化成ホームズ、ニセコまちづくりに出資=SDGsのノウハウ吸収

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は3月31日、北海道ニセコ町で官民連携のまちづくりを行うニセコまち(北海道ニセコ町、高橋守社長)が推進する先進的...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)