リフォーム | 住宅産業新聞

キーワード: リフォーム

LIXIL、住宅用網戸の新製品=カスタマイズ可能

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は5月、住宅用リフォーム網戸の新製品を発売した。 住宅用網戸は自宅時間の増加を背景とする室内換気ニーズの高まりを受け、需要に盛り上がりをみせている。新製品は部屋や使い勝手に対応して網やフレーム、中桟・引手の有無――などを選択し、カス...続きを読む

パナソニックホームズ、買取再販事業で30年に売上高350億円=子会社連携で顧客接点強化

パナソニックホームズ(大阪府豊中市、井上二郎社長)は、既存住宅ストック事業を強化する。 子会社のパナソニックホームズ不動産内に、買取再販事業の専任部署「住宅流通推進センター」を4月1日に新設。買い取りからリフォーム・リノベーション、再販売までをワンストップで行う体制を整え...続きを読む

LIXIL、「1棟丸ごと断熱改修」普及=将来的にはメーカー提案も視野

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は既存戸建住宅市場へのアプローチを強める。 同社運営で新築施工支援のボランタリーチェーン(VC)「SW工法」登録事業者向けに4月に全国販売を始めた、木造軸組構法造・2×4工法造の既存木造戸建住宅の断熱性能をHEAT20G2レベルに...続きを読む

住団連「ローン減税延長を」、自民党議連に要望提出=特例の期限切れ迫る

住宅生産団体連合会(阿部俊則会長)は10日、自民党住宅対策促進議員連盟総会資料として、「住宅市場の現状と課題解決に向けた要望」を提出し、住宅ローン減税特例の延長などを訴えた。 要望の主な内容は、(1)住宅ローン減税(2)贈与税非課税措置(3)グリーン住宅ポイント制度(4)...続きを読む

ミツモア、集客強化で依頼数が増加=「自動応募」の導入が奏功

見積もりプラットフォーム「ミツモア」を運営するミツモア(東京都千代田区、石川彩子社長)は、27のカテゴリー・270種類の分野で専門家である事業者と依頼者を見積もりでつなげることに特化した事業を展開している。 なかでも2017年からサービスの提供を開始したリフォーム領域は現...続きを読む

プレハブ建築協会、21年度活動方針を説明=長期優良とリフォームの両輪で業界活性化

プレハブ建築協会(東京都千代田区、芳井敬一会長)は2日、第9回通常総会と理事会を開催し、2020年度決算・事業報告などを了承した。 理事会後に行われた記者会見で芳井会長は、「ローン減税の延長やグリーン住宅ポイント制度の創設など、業界要望を反映した政府の支援を十分に活用する...続きを読む

タカラスタンダード、東京のショールーム強化=新宿と大田、リフォーム需要獲得対応で

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は4月、新宿ショールーム(東京都新宿区)にデジタルコンテンツ、東京大田ショールーム(東京都大田区)では本格的な空間展示スペースを新設した。 いずれも昨秋から盛り返し始めた水回りリフォーム需要の獲得を強化することが目的。また、両...続きを読む

LIXIL、リフォーム需要喚起トイレ契機に=タンクレストイレ新「SATIS S」発売

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は20日、6月に発売するタンクレストイレ新「SATIS Sタイプ」の記者説明会をオンラインで行った。 説明会では新製品発売の背景について、コロナ禍で自宅時間が増え快適に過ごせる室内とするニーズが高まったため、「トイレ空間も〝一つの部...続きを読む

YKKAP、マンション用のリフォーム断熱窓発売=戸建て用引き込み戸も、既存物件の環境改善

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は工期が半日~1日の既存物件リフォーム用カバー工法の新製品として5日、既存分譲マンション住戸向けアルミ・樹脂複合窓「マドリモ 断熱窓 マンション用」と既存戸建住宅向け「ドアリモ 玄関引戸 袖付2枚連動引込み戸」を発売した。 「マド...続きを読む

YKKAP、性能向上リノベ「鳥取 立川の家」=築43年の断熱・耐震を「HEAT20G2・等級3」相当に

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は11日にオンライン会見を行い、鳥取県で住宅・不動産事業を展開するマツワ(鳥取市杉崎、松岡力也社長)と協働して実施した「戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト『鳥取 立川の家』」の概要をマツワと共同発表した。「鳥取 立川の家」はJR鳥...続きを読む

トクラス、施工店・エンドユーザー訴求を強化=情報発信やアプローチ、商品「テノールシリーズ」拡販に注力

トクラス(静岡県浜松市、小泉和弘社長)は4月からの来期事業でエンドユーザーと施工店への訴求を強める。自宅時間の増加は戸建住宅とリフォーム需要の「追い風になる」(小泉社長)とし、エンドユーザーへの情報発信と施工店へのアプローチを強め同社の製品がより選ばれる状況を作る。また、4月か...続きを読む

北洲が東日本大震災後にサスティナブル耐震を標準採用、繰り返し地震に対応=耐震・断熱リフォームにも注力

2011年3月11日の午後2時46分、三陸沖を震源地として発生した東日本大震災から10年が経過した。被災地である宮城県や岩手県、福島県を中心として注文住宅を施工・販売している北洲(宮城県富谷市、村上ひろみ社長)は震災後、震災時に強みを発揮した2×4工法や断熱性の高い住宅を確実に...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)