キーワード: RE100

日本版RE100発足、再エネ推進で=中小事業者も宣言を

記者説明会の様子 グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズ・パートナーシップの4者は9日、自治体や教育・医療機関、中小企業などを対象に、使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを目指す団体が参加できる新たな枠組み「再エネ100宣言 RE Actio...続きを読む

旭化成ホームズ=RE100に加盟、38年までに事業用電力を再エネに切り替え

twitterでも発表 旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は10日、2038年までに事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際的なイニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。 再生可能エネルギーの固定価格買取制度の期限を迎えた同社住宅オーナーの余剰...続きを読む

大和ハウス工業=「RE100タウン」船橋で着手、施工から暮らしまで脱炭素化推進

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は10日、千葉県船橋市内で手掛ける総戸数861戸の大規模複合開発事業で「再エネ100%のまちづくり」に取り組むと発表した。居住街区や商業施設の施工時の工事用の電気から、入居後に使用する電気、マンションの共用部や街灯の電気など、同事業のす...続きを読む

積水ハウス、「卒FIT」オーナーの余剰電力を11円で買い取り、事業用で使用

新サービスの仕組み 積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は1月31日、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の買取期限を迎える同社の住宅所有者向けに、太陽光発電システム(PV)で発電した余剰電力を買い取る事業を始めると発表した。 買取単価は1キロワット時あたり11円。現在、買取価格...続きを読む

FIT終了した自社供給住宅の余剰電力を積水ハウスが買取、再生エネ100%

積水ハウスは20日、2040年までに自社の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う方針を明らかにした。 19年度から電力固定価格買取制度(FIT)が順次終了することから、FITが終了した既存オーナーの太陽光発電システムで発電した余剰電力を同社が順次買い取...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)