キーワード: 東急不動産

東急Re・デザインが事業窓口を一本化=リフォーム専業会社としてスタート

東急Re・デザイン(東京都世田谷区、細田正典社長)は4月、東急ホームズで展開していた戸建住宅のリフォーム事業を統合したことで、東急不動産ホールディングス(HD)のリフォーム専業会社として本格的にスタートした。 同社は2017年10月に東急コミュニティーが管理するマンションリ...続きを読む

東急不動産、ジャカルタで日本式マンション建設

東急不動産は、インドネシアの首都・ジャカルタで日本式の分譲マンションを開発する。同社4件目のプロジェクトで、総戸数は600戸。2019年に着工し、21年の竣工・引き渡しを目指す。和室付きの間取りや高い天井、管理会社による計画的な修繕など、日本と同様の開発・運営手法を導入するとい...続きを読む

住宅大手、高級ホテルブランド強化、ホテルチェーンなどと

大手の戸建住宅企業やデベロッパーがラグジュアリー(最高級)ホテルブランド展開を強める。 積水ハウスや東急不動産が国際的なホテルチェーンとの連携強化に乗り出す一方、大和ハウス工業はグループの大和リゾートによるフラッグシップホテルを開設する。 いずれも、増加するイン...続きを読む

大和ハウス工業や東急不動産グループ、「Google Home」使用しコネクテッドホーム実証実験

住宅分野のIoT(モノのインターネット化)推進を目指し、東急グループや大和ハウス工業、パナホーム、トヨタホーム、LIXIL、TOTOなどが参加する企業連合「コネクテッドホーム アライアンス」が、様々な住宅設備や家電と接続する新プロジェクトをスタートする。大和ハウス工業は、AI(...続きを読む

「テレワーク・デイ」住宅業界も参加、オフィス以外で通常業務

総務省や国土交通省、経済産業省などが連携し、住宅メーカーや不動産会社、住設企業なども参加して24日に行われた「テレワーク・デイ」。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催期間中の交通混雑の回避を目的とした働き方改革の取り組みの一環で、同日始業から午前10時半までの間に在...続きを読む

東急ホームズと東急コミュ、リフォーム事業統合 、新会社「東急Re・デザイン」設立

東急不動産ホールディングスは、10月からリフォームの新会社「東急Re・デザイン」の営業を開始する。グループのリフォーム事業を強化するため、東急ホームズと不動産管理の東急コミュニティーで行っていたリフォーム事業を統合して新会社が手掛ける。戸建住宅のリフォームについては、引き続き東...続きを読む

パナホーム、インドネシアで戸建分譲、海外で初の戸建て開発・販売

パナホームは、商社の双日グループとインドネシアにおいて戸建分譲住宅開発に着手する。現地資本と合弁会社を設置して職住近接のスマートタウン「デルタマス・シティ」(西ジャワ州ブカシ県)において、住宅供給で約1500戸、最大300億円の事業規模で2026年までをメドに実施する。マレーシ...続きを読む

東急不HDと本田技研が郊外住宅団地で実証実験

東急不動産ホールディングスは18日、本田技研工業と既存郊外型住宅団地「季美の森(きみのもり)」(千葉県大網白里市・東金市)において高齢化社会対応型スマートコミュニティの実証実験を今夏に開始すると発表した。3年間をメドに行う予定で、第一段階として高齢者と主婦を中心とする住民を太陽...続きを読む

健康経営優良法人、経産省が認定法人公表、大和ハウスなど236社

経済産業省は2月21日、健康増進に取り組み、特に優良な健康経営を実践する法人を顕彰する「健康経営優良法人2017」を発表した。今回が初の認定となり、大規模法人(ホワイト500)236法人、中小規模法人95法人を認定した。ハウスメーカーでは、大和ハウス工業、住友林業、積水化学工業...続きを読む

東急不動産、産学連携の建売分譲で「スマートウェルネス住宅」に

東急不動産は、建売分譲住宅「ブランズガーデン瀬田」(東京都世田谷区瀬田、全9戸)において、東京都市大学、順天堂大学などと産学連携による「スマートウェルネス住宅」プロジェクトをスタートした。同社のスマートウェルネス住宅の基準である(1)設備機器に頼りすぎず、賢く電気を使う「省エネ...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)