パナホーム、インドネシアで戸建分譲、海外で初の戸建て開発・販売

パナホームは、商社の双日グループとインドネシアにおいて戸建分譲住宅開発に着手する。現地資本と合弁会社を設置して職住近接のスマートタウン「デルタマス・シティ」(西ジャワ州ブカシ県)において、住宅供給で約1500戸、最大300億円の事業規模で2026年までをメドに実施する。マレーシアでは、地元資本が宅地開発を行い、同社は建築請負による戸建ての建設を行っているが、海外で戸建て分譲住宅開発・販売を行うのは初めて。第1期分譲(520戸、100億円規模)は、18年3月に着工を予定しており、20年までの完売を目指す。インドネシアで戸建てを展開している日本企業は、トヨタホームと東急不動産が15年に街開きをした「SAKURA REGENCY 3」(全467戸)がある。

2017年06月08日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)