東急不が買取再販の新事業、都心賃貸マンションの1棟リノベ分譲

東急不動産は、希少価値の高い都心立地の賃貸マンション1棟を丸ごと買い取り、フルリノベーションして分譲する新規事業を開始した。「ハイ・リノベーションマンション/MAJES(マジェス)」として、今後、麻布、赤坂、青山、恵比寿、中目黒、代官山など需要が高まる都心の立地に的を絞り事業展開する。10日から同事業の第1号物件となる東京都港区六本木の「マジェスタワー六本木」販売を開始した。現在、港区元麻布の低層マンションも同様のリノベーションを行っており、近く販売する。

新事業は「新築マンションの適地が少なくなっており、都心ではお客様のニーズに応えるマンションの数が少ない」(住宅事業ユニット首都圏住宅事業本部プロジェクト事業第一部・一色圭グループリーダー)ことに対応、他社物件も扱う。

2015年10月22日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)