日本版RE100発足、再エネ推進で=中小事業者も宣言を | 住宅産業新聞

日本版RE100発足、再エネ推進で=中小事業者も宣言を

記者説明会の様子記者説明会の様子

グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズ・パートナーシップの4者は9日、自治体や教育・医療機関、中小企業などを対象に、使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを目指す団体が参加できる新たな枠組み「再エネ100宣言 RE Action(アールイー・アクション、以下、再エネ100宣言)」を発足させた。

再エネを必要とする事業者や団体の声を集め、ニーズを顕在化することで、再エネ供給者や政策に変化・影響を及ぼしたいという。5年以内に1万団体の参加を目指す。

「企業規模に関わらず、SDGsや社会課題解決への取り組み姿勢が問われている。宣言することで、従業員や顧客などのステークホルダーに対して、社会的課題に取り組むという会社の方針・意志を示すことができる」

9日に行われた発足発表会で、事務局は事業者や団体が再エネ100%宣言をするメリットについてこう説明した。

2019年10月17日付6面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)