キーワード: トップに聞く

【トップに聞く】カツデンアーキテックの坂田清茂社長、物流費対策で西日本に新工場=戸建室内用スチール階段〝ノックダウンとデザイン〟強み

坂田清茂社長 カツデンアーキテック(東京都台東区、坂田清茂社長)は2003年に戸建住宅用のスチール製シースルー室内階段製品の販売を始めた。 スチール製ならではの細身でシンプルなデザインが高級価格帯の注文住宅を購入する施主から好評を博し、販売額は約10年で数倍に伸びている。 3月には...続きを読む

【トップに聞く】里山住宅博inつくば実行委員会会長(サンヨーホーム社長)・山川洋氏=将来に誇れる街並みを

山川洋社長 関東圏の地域工務店22社が参加する期間限定の住宅展示場「里山住宅博inつくば」(実行委員会会長=サンヨーホーム・山川洋社長)が6月に開幕し、11月末まで茨城県つくば市内の春風台ヒュッゲガーデンで行われる。 「里山住宅博」は、2016年6月に開催された「里山住宅博in神戸」に...続きを読む

【トップに聞く】永大産業の枝園統博新社長、「ENボード」や〝2拠点化〟に尽力=新規でフローリング基材

枝園社長 永大産業(大阪市住之江区)の新社長に4月、枝園統博(しえん・のぶひろ)専務が昇格した。 1984年に入社し当時の営業本部東京特販課に配属されて以来、もっぱら営業畑を歩んできた枝園新社長は、関西を襲った昨年の台風21号で痛手を被ったことを機に、BCM(事業継続マネジメント)の...続きを読む

【トップに聞く】神吉利幸積水化学工業住宅カンパニープレジデント、20年代に売上高1兆円目指す

神吉利幸プレジデント 積水化学工業住宅カンパニーは24日、東京都内で記者懇談会を開催し、1日付で住宅事業のトップに就任した神吉利幸同カンパニープレジデントが「住宅事業50周年となる2021年までに、まちづくり事業を、新築、リフォームに次ぐ3本目の事業として立ち上げたい」との展望を示した。 ま...続きを読む

【トップに聞く】LIXIL住宅研究所の加嶋伸彦社長、「FCブランドや制度の再構築を」

加嶋伸彦社長 昨年11月1日付でLIXIL住宅研究所(東京都江東区)の社長に就任した加嶋伸彦氏は、同社の事業である住宅フランチャイズ(FC)事業について、「まずは、FC事業の主力であるアイフルホームを表現するキーワードやメッセージを明確にしていくことが必要だ」という認識を示し、ブランド再構築...続きを読む

インタビュー・トップに聞く、すてきナイスグループ・小暮博雄社長=建築資材事業と住宅事業のシナジー効果高める

6月28日付ですてきナイスグループ(横浜市鶴見区)の社長に就任した木暮博雄氏は、「私の仕事は建築資材事業と住宅事業の両部門のシナジー効果をいかに高めていくかだと思っている」と強調する。 同社では2020年3月期に戸建住宅の販売戸数1千戸を目指すなど、グループの戦略として...続きを読む

インタビュー・トップに聞く、一般社団法人JBN・全国工務店協会の会長に3月に就任した大野年司氏=工務店は地域ニーズに応える存在に

3月に中小工務店の全国組織であり、約3千社の会員を擁する一般社団法人JBN・全国工務店協会(JBN)の会長に就任した大野年司氏(大野建設社長)は住宅産業新聞のインタビューに応じ、「工務店は地域のお客様ニーズにしっかりと応えられる存在であるべき」と強調。そのためには後継者の育成を...続きを読む

【トップに聞く】野原ホールディングス・野原弘輔社長、地域工務店のサポート推進

7月1日に建材商社・野原ホールディングス(東京都新宿区)の社長兼CEOに就任した野原弘輔氏。グループ会社である野原住環境は、地域工務店の活性化を図るため、高機能な住宅を実現するための設計・機能計算が済んだ「企画型注文住宅」の提案を推進していく。 工務店が消費者に対して訴...続きを読む

【トップに聞く】クリナップ代表取締役の竹内宏氏、「システムキッチン、高級・超高級に本格参入」=業績回復を最重点課題に

クリナップ(東京都荒川区)は18日、4月に社長に就いた竹内宏氏を囲む「クリナップ新社長記者懇談会」を開催した。 同社は2018年3月期に前中期3ヵ年経営計画が終了、4月から竹内新体制のもとで高級・超高級システムキッチン市場への本格参入を軸とする新中期3ヵ年経営計画へと乗...続きを読む

【トップに聞く】ケイミューの木村均新社長、「社会貢献なくして存続なし」

4月にケイミュー6代目の社長に就任した木村均社長が5月28日、就任会見を行った。 2003年にクボタと松下電工(現パナソニック)の住宅外装建材部門が事業統合し設立されたクボタ松下電工外装は、2010年に社名変更し今のケイミューに。木村社長はクボタに社名変更前の久保田鉄工...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)