インタビュー・トップに聞く、すてきナイスグループ・小暮博雄社長=建築資材事業と住宅事業のシナジー効果高める

6月28日付ですてきナイスグループ(横浜市鶴見区)の社長に就任した木暮博雄氏は、「私の仕事は建築資材事業と住宅事業の両部門のシナジー効果をいかに高めていくかだと思っている」と強調する。

同社では2020年3月期に戸建住宅の販売戸数1千戸を目指すなど、グループの戦略としてマンションから戸建住宅にシフトしている。

一方で、今後は中大規模建設事業を建築資材事業と住宅事業に次ぐ〝第三の柱〟として推進する考えであり、木造建築の優位性をアピールしていくことで積極的に展開していく。さらに木材利用の促進により、CO2削減など地球環境問題についても貢献していく姿勢を示した。

2018年10月18日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)