米国発のスマートホーム開発・HOMMA、サニーサイドアップがPR支援 | 住宅産業新聞

米国発のスマートホーム開発・HOMMA、サニーサイドアップがPR支援

PR会社のサニーサイドアップ(東京都渋谷区、次原悦子社長)は10月17日、アメリカのスマートホーム開発・販売会社のHOMMA(本間毅代表)の新株予約権を9月末に取得し、同社の戦略的パートナーとしてPRサービスの提供を開始したと発表した。スタートアップ企業に投資し、PRの支援を通じて投資先の企業価値向上を狙う。

HOMMA社は、2016年にアメリカ・シリコンバレーで創業したスタートアップ企業で、通信産業の「スマートフォン」や自動車産業の「電気自動車」のように、「スマートホーム」で住宅産業にイノベーションを起こそうとしている。

日本の投資家などから資金調達を行い、実験住宅を建設しながら、市場への本格参入の準備を進めてきた。今年7月に、パナソニックエコソリューションズ社やLIXILなどと連携し、2019年にはプロトタイプ型の住宅をカリフォルニア州に建設予定という。

サニーサイドアップは、米国の市場開拓や事業参入に興味のある日本の住宅メーカーや建材メーカーなどへの認知活動、PRサービスを提供し、HOMMA社の事業展開を支援するとした。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)