キーワード: 電気自動車

積水化学住宅C=鉄骨系3階建て「デシオ」新モデル、敷地対応力とレジリエンス機能強化

積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は、鉄骨系3階建てユニット住宅「デシオ」の新モデルを10月25日に発売した。 激甚化する気象災害に対応するため、電気自動車との電気融通や断水時の飲料水を確保するタンク、気象警報と連動して自動で蓄電池に充電するシステムなどで、...続きを読む

アキュラホームが埼玉県久喜市に災害支援機能付き展示場を開設

アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は14日、埼玉県久喜市のモラージュ菖蒲ハウジングステージ内に日本初の災害支援機能付きとなる住宅展示場をオープンした。 同展示場は、太陽光発電(11キロワット搭載)と電気自動車搭載(EV)の「蓄電池」を住宅で活用するV2Hシステムを...続きを読む

積水化学・住宅C=被災時の「在宅避難」を実現、レジリエンス機能を強化

強化した3つのポイント 積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は、レジリエンス機能を強化した新築戸建住宅を7月26日に発売した。 電気自動車(EV)に搭載された大容量の蓄電池を住宅で活用する「VtoHeim」の対応車種の拡大や、蓄電池のパワーコンディショナーの2階設置、自社製飲料水貯留...続きを読む

セキスイハイム中部、スマートハイムTBを本格発売=高いEV普及率追い風に

セキスイハイム中部(名古屋市東区、吉田匡秀社長)は、太陽光発電システム(PV)と蓄電池、電気自動車(EV)を接続するV2Hスタンドの3機器を1つのシステムとして連携できるトライブリッドパワコンを標準採用した住宅商品「スマートハイムTB」の販売を本格化する。26日から、愛知県東郷...続きを読む

積水化学住宅カンパニーが2018年の被災データ分析、災害時に蓄電池が効果発揮=1割が「停電回避」

停電災害が急増(同社資料から抜粋) 積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は2月25日、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震や日本列島を縦断した2つの大型台風(21号、24号)で被災し、停電した同社住宅の蓄電システムの稼働状況をまとめた。 被災地域に建つ太陽光発電システム(PV)...続きを読む

積水化学住宅C、トライブリッド(TB)パワコンで「PV+EV+蓄電池」3機器連携

スマートハイムTB採用の住宅 積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は、太陽光発電システム(PV)と蓄電池、電気自動車(EV)の3つの機器を連携する新機能「スマートハイムTB(ティービー)」シリーズを、23日から鉄骨系・木質系を含む戸建商品に展開する。 初期費用の低減や、各機...続きを読む

米国発のスマートホーム開発・HOMMA、サニーサイドアップがPR支援

PR会社のサニーサイドアップ(東京都渋谷区、次原悦子社長)は10月17日、アメリカのスマートホーム開発・販売会社のHOMMA(本間毅代表)の新株予約権を9月末に取得し、同社の戦略的パートナーとしてPRサービスの提供を開始したと発表した。スタートアップ企業に投資し、PRの支援を通...続きを読む

パナソニック・エコソリューションズ社、HEMS『AiSEG(アイセグ)2』に〝安心・便利・自家消費〟の新機能=センサーで窓や宅配ボックスから情報送信

パナソニック・エコソリューションズ社(大阪府門真市、北野亮社長、パナES社)は22日、同社のホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)『AiSEG2』をバージョンアップし、(1)ドア・窓センサーおよび宅配ボックスセンサーなどとの連携(2)太陽光発電電力の有効利用とし...続きを読む

セキスイハイム近畿、京都府内の分譲地内に宿泊体験棟をオープン

セキスイハイム近畿(大阪市淀川区、八木健次社長)は、京都府亀岡市で販売中の分譲地内に、宿泊体験オープンハウスを18日にオープンする。 2×6材を採用した木質系ユニット住宅「グランツーユーV」に、太陽光発電システムと電気自動車、蓄電池を1つのパワコンで電力融通させるVto...続きを読む

ヤマト住建、電力の自給自足を促進、守谷市にモデルハウス公開

ヤマト住建(神戸市中央区、中川泰社長)は6月20日、茨城県内に初出店となる「守谷住宅展示場」(茨城県守谷市)を本紙に公開した。 同展示場は、電力の自給自足をコンセプトにしたモデルハウスで、太陽光発電(5・9キロワット搭載)と電気自動車(EV)搭載の「蓄電池」を住宅で活用...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)