大手住宅企業の2019年戸建て新商品=「防災」「減災」性能で競う、激化する自然災害に対応 | 住宅産業新聞

大手住宅企業の2019年戸建て新商品=「防災」「減災」性能で競う、激化する自然災害に対応

頑強な躯体が大前提(パナソニックホームズ)頑強な躯体が大前提(パナソニックホームズ)

主要大手住宅メーカーが2019年1月~12月16日までに発表・発売した戸建住宅の新商品を振り返ると、「防災」や「減災」、「被災後の復元力(レジリエンス)」を高めた住宅商品の開発に力を入れてきた1年だったことがわかる。

基本性能や仕様を見直し、電力供給が途絶えた際に電気を発電する「太陽光発電システム」や「燃料電池」、非常用電源となる「蓄電池」や「電気自動車連携(V2H)」、非常時の飲料水確保などを搭載。強靱・頑強な住宅躯体をベースに、安全・安心性をもう一段階引き上げたかっこうだ。

2019年12月19日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)