キーワード: 蓄電池

ヤマダホームズ=「サブスク型」でオフグリッドハウス実現、安心・安全をより多くの人へ

ヤマダホームズ(群馬県高崎市、増田文彦社長)は、太陽光発電システムとAIオフグリッドシステム蓄電池を、月額定額の料金のみで利用できる新サービス「ZEROレジ」を20日に開始した。初期費用は不要。新築・既存住宅を問わず、同社のすべての住宅商品で利用できる。 災害時の停電でも電...続きを読む

積水化学住宅C=卒FITオーナーの余剰電力買取申込が1万3千件を突破、対象者の2割強が加入

サービスのイメージ 積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は8日、余剰電力買取期間が満了を迎えた卒FITオーナーを対象に同社が余剰電気を買い取るサービス「スマートハイムでんき」の申込数が、2019年12月末時点で1万3千件を突破したと発表した。 対象者の2割強が同サービスに申し込ん...続きを読む

環境省のZEH支援事業、前年度予算規模を確保=各省の20年度予算・19年度補正予算

環境省は、2020年度予算で戸建てZEHへの支援として前年度規模を確保した。 ただし、1戸当たりの補助額は引き下げる。ZEH化のために必要となるコストが年々低減していることを受けたもので、市場へのさらなる普及を促す。またマンション支援でも見直しを行う。 新年度予算は、...続きを読む

大手住宅企業の2019年戸建て新商品=「防災」「減災」性能で競う、激化する自然災害に対応

頑強な躯体が大前提(パナソニックホームズ) 主要大手住宅メーカーが2019年1月~12月16日までに発表・発売した戸建住宅の新商品を振り返ると、「防災」や「減災」、「被災後の復元力(レジリエンス)」を高めた住宅商品の開発に力を入れてきた1年だったことがわかる。 基本性能や仕様を見直し、電力供給が途絶えた際に電気を発電...続きを読む

積水化学住宅C=鉄骨系3階建て「デシオ」新モデル、敷地対応力とレジリエンス機能強化

積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は、鉄骨系3階建てユニット住宅「デシオ」の新モデルを10月25日に発売した。 激甚化する気象災害に対応するため、電気自動車との電気融通や断水時の飲料水を確保するタンク、気象警報と連動して自動で蓄電池に充電するシステムなどで、...続きを読む

【防災・減災住宅の開発相次ぐ】積水化学工業住宅Cの新スマートパワーステーション、警報連動で自動蓄電

防災や減災機能を高めた住宅の商品化が続いている。 積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は2日、IoT機能を強化した「スマートパワーステーション(SPS)」の新シリーズを25日から発売すると発表した。気象警報発令と連動する蓄電池自動充電などの防災・減災・縮災機...続きを読む

【防災・減災住宅の開発相次ぐ】ヤマダホームズのネクシス、オフグリッド実現し飲料水製水器も採用

防災や減災機能を高めた住宅の商品化が続いている。 ヤマダホームズ(群馬県高崎市、増田文彦社長)は1日、電気・飲料水を自給自足する新発想の住宅「NEXIS(ネクシス)」を発売した。独自の耐震シェルターもオプションで用意し、地震や豪雨などで発生する停電や断水時でも、安心して...続きを読む

アキュラホームが埼玉県久喜市に災害支援機能付き展示場を開設

アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は14日、埼玉県久喜市のモラージュ菖蒲ハウジングステージ内に日本初の災害支援機能付きとなる住宅展示場をオープンした。 同展示場は、太陽光発電(11キロワット搭載)と電気自動車搭載(EV)の「蓄電池」を住宅で活用するV2Hシステムを...続きを読む

住友林業=余剰電力買取と電力供給サービス開始、買い取った電気は事業用に活用

住友林業(東京都千代田区、市川晃社長)は6日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の買取期間が満了する同社住宅オーナーと、住友林業ホームテックでPVを設置したユーザーを対象に、余剰電力買取と電力供給の代理販売サービス「スミリンでんき」を11月から開始すると発表した。 ...続きを読む

積水化学・住宅C=被災時の「在宅避難」を実現、レジリエンス機能を強化

強化した3つのポイント 積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は、レジリエンス機能を強化した新築戸建住宅を7月26日に発売した。 電気自動車(EV)に搭載された大容量の蓄電池を住宅で活用する「VtoHeim」の対応車種の拡大や、蓄電池のパワーコンディショナーの2階設置、自社製飲料水貯留...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)