アキュラホームが埼玉県久喜市に災害支援機能付き展示場を開設 | 住宅産業新聞

アキュラホームが埼玉県久喜市に災害支援機能付き展示場を開設

アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は14日、埼玉県久喜市のモラージュ菖蒲ハウジングステージ内に日本初の災害支援機能付きとなる住宅展示場をオープンした。

同展示場は、太陽光発電(11キロワット搭載)と電気自動車搭載(EV)の「蓄電池」を住宅で活用するV2Hシステムを採用。電力の自給自足を可能とし、災害などにおける停電時には電気自動車とEV用パワーコンディショナ「V2H」で、住宅用分電盤を通して家庭内のコンセントで電化製品を使用できる。

2019年09月19日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)