環境省、エネ庁=23年度ZEH予算の概算要求、規模・内容は今年度並み、M改修では増額要求で

経済産業省資源エネルギー庁と環境省は、2023年度予算概算要求で、ZEH関連の要求を行った。

資源エネルギー庁は、ZEBや建材の実証支援なども含む「住宅・建築物需給一体型等省エネルギー投資促進事業」で72・0億円を要求した。

同事業は、昨年度に行った概算要求での要求額が89・0億円で、22年度の当初予算額が80・9億円だった。要求額が引き下げられているようにみえるが、同じ予算要求に含まれるZEBや21層以上のZEHマンションといった複数年度にわたる支援で減額要求があったため。

同庁では現段階において、ZEHやZEBの支援内容・要件や規模の内訳などは明らかにしていないものの、EV(電気自動車)への充放電設備を整備することなどを要件とする戸建住宅「次世代ZEH+」には、同規模の支援を行うための要求を行っているとみられる。

2022年09月06日付5面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)