22年度エネ庁と環境省の概算要求、戸建てZEH予算は前年並みの要望

経済産業省資源エネルギー庁は、2022年度予算の概算要求として、エネルギー対策特別会計で、21年度比10・6%増となる8242億円を要望した。

このうち、「2050年カーボンニュートラル/2030年GHG(温室効果ガス)排出量削減目標の実現に向けたグリーン成長戦略の実現等による『経済』と『環境』の好循環」に10・5%増となる7586億円を要望。脱炭素を推進する。環境省もZEH支援事業を含め概算要求を行った。要求額は前年度並みだが、戸あたりの支援額は引き下げた。

住宅関連では、「次世代ZEHの普及や、大規模建築物のZEB化に向けた実証」事業として、6・0%増の89億円を求めている。ただ同事業には、戸建てZEHへの支援だけでなく、ZEB支援なども含まれる。「(新年度のZEH支援の)規模は、21年度事業と同水準」(資源エネルギー庁)という。支援する戸数や要件などは、概ね今年度と変わらないとみられる。

2021年09月16日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)