パナソニック・クックパッド、単身向け賃貸リノベで協業=キッチン空間の質向上で物件価値向上の差別化提案、システムキッチン「ラクシーナ」使い

パナソニック(大阪府門真市、楠見雄規社長)、クックパッド(神奈川県横浜市、岩田林平社長)、パナソニックAWエンジニアリング(東京都品川区、足立昭彦社長)は9日、3社が協業し首都圏限定で同日から単身世帯用賃貸住宅を運用するオーナーを対象に賃貸住宅のキッチン空間リノベーション事業を始めたと発表した。

リノベーションでキッチン空間の質を高めることで自らで料理を行うことに関心が高い単身世帯のエンドユーザーに訴求し、単身世帯向けの賃貸物件として付加価値を付けることを狙いとしている。

3社協業の単身世帯向け賃貸物件キッチン空間リノベーション事業は、パナソニックがシステムキッチン商品の供給、クックパッドが質の高いキッチン空間を備えた賃貸物件の扱いを差別化ポイントに置く賃貸物件紹介サイト「たのしいキッチン不動産」の運営、パナソニックAWエンジニアリングがリノベーションの設計・施工――の役割を担う。

2021年09月16日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)