トヨタホーム、HV車と住宅をつなぐ非常時給電システムを開発=PLTグループ内での展開も | 住宅産業新聞

トヨタホーム、HV車と住宅をつなぐ非常時給電システムを開発=PLTグループ内での展開も

トヨタホーム(愛知県名古屋市、後藤裕司社長)は8月27日、ハイブリッド車やプラグイン・ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車などの車両に搭載されているAC100ボルト・1500ワットのコンセントから直接、住宅内の特定回路に電力を供給する非常時給電システム「クルマde給電」を開発し、1日に発売したと発表した。住宅と車を外部電源用ケーブルで接続し、電気設備の回路を切り替えるだけで冷蔵庫や照明など必要最低限の電力を確保する。同システムの実用化は業界初で、「非常時の備えとして将来的には全商品で標準化したい」という。プライムライフテクノロジーズグループのパナソニックホームズとミサワホームでも同システムの取り扱いを検討中とした。

2020年09月03日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)