トヨタホームがスマートハウス仕様=自動車とのエネルギー連携、19日に旗艦モデル

トヨタホームは、住宅と自動車のエネルギー連携によるスマートハウス仕様を商品化した。

中枢となるHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)や太陽光発電、EV(電気自動車)・PHV(プラグイン・ハイブリッド車)充電器のほか、スマートハウスとして初の非常時給電システムを標準搭載。これらスマートハウス技術に、東日本大震災以降の家族回帰志向への「生活提案」を融合させたフラッグシップモデルとなる戸建専用住宅『シンセ・アスイエ』を開発し、19日から全国展開を行う。さらに、同仕様をオプションとして全商品に水平展開していく。

2011年11月10日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)