パナソニック、住宅用の創蓄連携システムを開発 | 住宅産業新聞

パナソニック、住宅用の創蓄連携システムを開発

パナソニックエコソリューションズ社(長榮周作社長)は、太陽電池と蓄電池を連携させた「住宅用創蓄連携システム」を開発し、21日から受注を開始する。

停電などの非常時に約2日分の電源を確保するほか、平常時は電力使用のピークカットに利用し省CO2に貢献する。将来的には創蓄連携システムをベースに、スマート家電や電気自動車、スマートシティなどと連携するシステムを追加し、スマートハウスの中核システムへと発展させる。同社は2012年をスマートハウス元年と位置付け、創蓄連携の新しいエネルギーインフラの普及・浸透を図る。

創蓄連携システムは、太陽電池と蓄電池のパワーコンディショナー機能を一体化させた新開発のパワーステーションで、同社の太陽電池と4・65キロワットのリチウムイオン蓄電池を連携させる。太陽光で発電した電力のうち、家庭で使い切れなかった余剰分は電力会社に売電したり蓄電池に充電することができる。

2012年3月1日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)