パナソニック・ライフソリューションズ社、〝卒FIT〟狙い「【住宅用】創蓄連携システムS+(プラス)」=蓄電池、業界最多のバリエーションと増設可能

パナソニック・ライフソリューションズ社(大阪府門真市、道浦正治社長)は2日、太陽光発電と蓄電システムを連携させた新製品「【住宅用】創蓄連携システムS+(プラス)」(以下、システムSプラス)を10月21日に発売すると発表した。

システムSプラスの特徴は(1)蓄電容量のバリエーションが「業界最多」(同社)(2)蓄電池の増設が可能――など。11月からFIT期間が満了する世帯が出始めることから、システムSプラスは太陽光発電の余剰電力の自家消費を希望する層に向け訴求する。

システムはリチウムイオン蓄電池とパワーステーション本体、蓄電池用コンバータを組み合わせたもので、希望小売価格(税別、工事費別)は容量5・6キロワットhの蓄電池を組み合わせた場合が210万円。

同社ではシステムSプラス以外に、15年の自然災害補償や大手電力小売事業者より高い価格で余剰電力を買い取るにオプションサービスもPRし、19年度に蓄電システム販売として1・5万台、3年後の21年度に19年度比約2・7倍の4万台の販売を計画している。

2019年07月11日付7面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)