【トップに聞く】絆ジャパン・増田文彦社長、付加価値の高い住宅で利益取れる工務店に=スマートハウスを推進

工務店のDX化支援や営業支援事業などに注力している絆ジャパン(東京都新宿区、増田文彦社長)は、ユーザーの買う理由のある付加価値の高い住宅を提供し、値引きすることなく住宅を販売することで、財務体質がしっかりとした工務店の育成を行っている。

そのための取り組みとして、エスイーエー(新潟県上越市、加藤善一社長)が推進しているレジリエンス性能が高いZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)+のスマートハウスである「Smart2030 零和の家」の商品ノウハウを「ハウジングテック」としてパッケージ化し、全国の工務店・ビルダーに対して供給を開始している。

将来的には全国で3千社に上るネットワーク構築を目指す。今後は「ハウジングテック」参画企業が提供するスマートハウス同士を繋げ電力の融通を行うVPP(ヴァーチャル・パワー・プラント)社会に対応した家づくりを推進する考えだ。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年07月05日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)