【トップに聞く】タツミプランニング社長・寺田勇一郎氏、納得できる価格で住まい提供=斬新な設計と多彩なインテリア軸に | 住宅産業新聞

【トップに聞く】タツミプランニング社長・寺田勇一郎氏、納得できる価格で住まい提供=斬新な設計と多彩なインテリア軸に

2019年5月に高松コンストラクショングループの傘下に入ったタツミプランニング(横浜市西区)は、神奈川県および東京都全域で年間300棟の注文住宅を展開。20年9月には新社長として寺田勇一郎氏が就任した。

同社は、斬新な設計と多彩なインテリアという強みを生かしながら、「住宅をほしいと思う人に対して、〝安全・安心・快適〟を進化させながら〝遊びゴコロ〟のある住まいを手頃な価格で提供する」ことを目指していく。

さらにタカマツハウスグループとして、ミブコーポレーションが分譲用地を仕入れ、タツミプランニングが住宅を設計・施工、タカマツハウスが販売というスキームを構築することで、グループ内で髙松建設、青木あすなろ建設に次ぐ第3の中核会社として成長させていきたい考えだ。

2021年06月03日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)