【インタビュー「トップに聞く」】エヌ・シー・エヌの田鎖郁男氏、木造建築の普及「木の特性生かすこと」=4号特例範囲縮小に期待

エヌ・シー・エヌ(東京都港区)の田鎖郁男社長は住宅産業新聞のインタビューに答え、非住宅建築物の木造化推進について、「構造計算をするための設計者育成およびプレカット工場などのインフラ整備が重要だ」といった考えを示した。

さらに木造建築物の高層化が取りざたされている現状については「木材が本来持っている強度の特性を生かした建物デザインや街のありようを理解したうえで取り組むことが重要」と語った。

また今年大きなニュースとなった〝ウッドショック〟などの資材不足への対応について、「構造計算をするなど、受注段階でどうやって材料調達するかというサプライチェーン構築をしていくべきだ」と強調した。

2021年11月25日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)