【トップに聞く】七呂建設・七呂恵介社長、完全自由設計の推進でシェア拡大=鹿児島県で3年連続完成棟数がトップに

鹿児島県をはじめ宮崎県、熊本県で注文住宅を展開している七呂建設(鹿児島県鹿児島市、七呂恵介社長)は、2006年の住宅事業スタートから〝完全自由設計〟を推進することでシェアを拡大。2018年度以降は鹿児島県内において新築戸建住宅の完成棟数が県内トップとなっている。

同社は「工法的に無理がない場合を除き、できるだけお客さまの要望に応えるようにする」(七呂社長)としており、営業担当者が営業力や説明力を磨くために週1回のロールプレイングに取り組んでいる。

「どういった商品が話題になっているか、顧客ニーズはどこにあるのか」を常に収集することで受注を伸ばしており、22年4月期の引き渡し棟数を330棟と見込んでいる七呂恵介社長に話を聞いた。

2021年10月21日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)