ヒノキヤグループ | 住宅産業新聞

キーワード: ヒノキヤグループ

ヒノキヤグループ「ZOOON」、「Z空調」の体感施設がオープン

ZOOONの入口 ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の全国的な解除を受け、同社が開発した新時代冷暖システム「Z空調」の冬の暖かさを1年中体感できる施設「ZOOON(ゾーン)」を栃木県栃木市内にオープンした。 同施設は6月から一般ユー...続きを読む

スタイルポート、ヒノキヤグループなどから資金調達=VR内覧システム「ROOV」の市場領域拡大

VR内覧システム「ROOV(ルーブ)」を展開するスタイルポート(東京都渋谷区、間所暁彦社長)は4月28日、マーキュリアインベストメント(東京都千代田区、豊島俊弘社長)とヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。 今回...続きを読む

ヒノキヤグループが連結子会社合併から2年、業務運営効率化が進捗

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は、2018年1月に注文住宅事業を担う連結子会社5社を合併したが、合併に伴って課題に対しての取り組みが一本化したことやノウハウの共有化などによる業務運営の効率化が進捗しているという。 連結子会社の合併は桧家住宅東京、桧家住宅北関...続きを読む

ヒノキヤグループが不動産仲介会社を設立、久喜市と静岡市に営業所

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は2月26日、同社が100%株主である不動産仲介会社「まいすまい株式会社」(埼玉県久喜市)を設立したことを発表した。社長にはヒノキヤグループ取締役の森田哲之氏が就任した。 同社は、住宅購入者の53%が不動産会社にアプローチしてい...続きを読む

桧家住宅が「smart2」を販売、2つの箱のズレが特徴

東松山展示場のモデル棟 ヒノキヤグループの桧家住宅(東京都文京区、荒井孝子社長)は、企画住宅「smart2」の販売を今月から順次開始している。同商品は、同社と多くの住宅設計を手掛けた建築家夫妻である粕谷淳司氏と粕谷奈緒子氏が開発したもの。 同商品の特徴は、2つの箱の「ズレ」。 日本建築の伝...続きを読む

ヒノキヤグループ「Z空調」の受注数が200棟突破、昨年11月の外販開始から1年で

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)はこのほど、昨年11月末時点におけるオリジナル冷暖システム「Z空調」の工務店受注数が200棟を突破したことを発表した。また、販売契約を行った工務店・ビルダーは280社となったという。これについて同社では「当初より予定していた受注棟数で...続きを読む

SNSを営業・集客のツールに活用、ユーザー発信情報からファン獲得=ヒノキヤグループ、ゴデスクリエイトの取り組み

ヒノキヤグループの公式インスタ いま情報検索の流れは「ググる」(グーグル検索)から「タグる」(ハッシュタグによる検索)へ――。 メーカーによるホームページやWEBからの情報伝達ではなく、ユーザーがインスタグラムやピンタレストなどを利用した情報発信を行っているのだ。 ユーザーが発信した情報を第三者が拡...続きを読む

ヒノキヤグループが解体された住宅の断熱材を調査、黒変要因はSPM=躯体の気密性の低さと断定

住宅壁体内における断熱材の黒変色は気密・断熱が不十分な証拠――。ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は12日、住宅解体時に繊維系断熱材が黒変している状況について宮城学院女子大学の本間義規教授に研究を委託した結果について発表した。...続きを読む

ヒノキヤグループのAI営業支援サービス「ひのくまコンシェルジュ」、導入から1年5ヵ月で受注件数に成果

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)の桧家住宅では、2017年11月からAI営業支援サービス「ひのくまコンシェルジュ」を導入。ビジネス版のLINEである「LINE WORKS」のトークとIBMが開発した質問応答・意思決定支援システムである「Watson(ワトソン)」を...続きを読む

ヒノキヤグループ18年12月期連結決算、固定費増加で増収減益

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)の2018年12月期連結決算は、売上高1102億5900万円(前期比5・0%増)、営業利益44億300万円(同30・0%減)、経常利益43億8600万円(同30・1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益23億300万円(同33・2%...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)