記事の分類: 住宅・工務店

ヤマダ電機=家守りHDと提携、住宅事業を強化

ヤマダ電機(群馬県高崎市、三嶋恒夫社長)は4月11日、住宅の検査・点検・メンテナンス・リフォームなどを手掛ける家守りホールディングス(東京都千代田区、岡田浩一社長、以下家守りHD)と資本業務提携契約を締結したと発表した。...続きを読む

三井ホーム=新商品「ルーカス」、都市に住むミレニアル世代向けに

片流れ屋根で大容量PVも搭載可能 三井ホーム(東京都新宿区、池田明社長)は、都市に暮らす1980年代から2000年代初頭に生まれたミレニアル世代を主なターゲットにした新商品「ルーカス」を4月25日に発売した。 共働きやテレワークなどの多様な暮らし方や働き方を反映。外部からの視線を適度に遮るバルコニーに連続す...続きを読む

住団連の2019年度第1回景況感調査=賃貸で反動減を警戒

住宅生産団体連合会(阿部俊則会長)は4月26日、経営者の住宅景況感調査の2019年度第1回の調査結果を公表した。 19年1~3月の景況判断指数は、対前年同期比で前回(19年1月実施時)の予測(総受注戸数プラス46ポイント、総受注金額プラス54ポイント)に対して、総受注戸数は...続きを読む

ポラスグループ・グローバルホーム「ハスカーサ」が高断熱性能やZEHに注力

健康住宅に注力 ポラスグループのグローバルホーム(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は、「健康で持続可能で環境に配慮した家をつくる」というコンセプトの注文住宅ブランド「HaScasa(ハスカーサ)」を2005年に設立。住宅性能の高さと、省エネルギーへの取り組みが評価されたことで、日本地域開発センター...続きを読む

パナソニックホームズ=宿泊施設請負事業に参入、インバウンド需要追い風に100億円事業目指す

植栽豊かなホテルの外観 パナソニックホームズ(大阪府豊中市、松下龍二社長)は、土地所有者に対する資産活用メニューのひとつとして、工業化住宅を活用した宿泊事業に本格参入する。 9階建てまで建築可能な重量鉄骨ラーメン構造の多層階住宅「ビューノ」を宿泊施設として設計・施工し、同社グループが土地・建物を一...続きを読む

ライフデザイン・カバヤ19年3月期決算速報値、売上高211億円に

岡山県と広島県を中心に展開している住宅メーカーのライフデザイン・カバヤ(岡山市北区、野津基弘社長)はこのほど、2019年3月期の決算速報値を発表した。 それによると、売上高211億円(前期比12・8%増)、営業利益10億5千万円(同4・0%増)。受注棟数は消費増税の駆け込み...続きを読む

自民党に新議連発足、都市の木造建築で政策提言

自由民主党で18日、「森林(もり)を活かす都市(まち)の木造化推進議員連盟」が発足した。 都市における木材利用促進による需要拡大を狙い、政策提言を行う。川上・川中・川下が一体となって取り組むことが必須として、住宅・建設業界や林業・木材産業団体とも連携する考え。 国内で...続きを読む

国交省、改正民法に合わせ住宅建築含む標準請負契約約款を改正

国土交通省は、改正民法が今国会に法案提出され、2020年4月に施行となることを踏まえ、「建設工事標準請負契約約款」を見直すための議論を開始した。民法では、特に瑕疵担保責任に関わる改正が行われている。 同省は16日に、建設工事の標準請負契約約款の作成などを担う中央建設業審議会...続きを読む

アールーシーコア、初の営業赤字計上も来場者数・受注棟数は過去最高に

「BESS」ブランドでログハウス事業を展開しているアールシーコア(東京都渋谷区、二木浩三社長)は19日、2019年3月期の業績見込みを発表した。 同期の連結業績は上場以来初の営業赤字(前期比5億8千万円減)となったが、昨年4月から展示場を「LOGWAY」に改称した戦略などが...続きを読む

大和ハウス工業=19年3月期業績予想を修正、過去最高業績上ぶれ

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は19日、2019年3月期連結業績予想を修正した。 商業・事業施設などの業績が堅調に推移したことを受け、過去最高の業績予想から上ぶれする見込みとなった。 修正後は、売上高4兆1200億円(前回発表時から700億円の増)、営業利...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)