キーワード: 中期経営計画

クリエイト礼文が中期経営計画を発表、棟数重視型から利益重視型への転換目指す=24年3月期に売上高68億8千万円に

クリエイト礼文(山形県山形市、大場友和CEO)は4月22日、2022年度を初年度とする3ヵ年中期経営計画の発表会を山形市内で開催。発表会には、同社社員はじめ協力...

And Doホールディングスが中期経営計画を策定、4事業の強化図る

And Doホールディングス(東京都千代田区、安藤正弘社長CEO)は、2023年6月期~25年6月期までの中期経営計画を策定。5日には、同計画および事業戦略説...

ミサワホーム、作尾専務が新社長に=磯貝社長・下村副社長は退任

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は3月30日、代表取締役および会長の異動について決定した。磯貝匡志代表取締役社長執行役員と下村秀樹代表取締役副社長執...

YKKAP、営業利益率2024年度に7・1%=新中計の数値目標公表、値上げ第2弾を視野に

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は2日、2021年度に始めた期間4ヵ年の第6次中期経営計画(以下、新中計)全体の数値目標および、21年度・22年度業績...

日本ハウスHD、新6ヵ年計画を発表=注文住宅受注1・6倍目指す

日本ハウスホールディングス(東京都千代田区、真田和典社長)の注文住宅事業が好調だ。2021年10月期の受注状況は、4月以降7ヵ月連続で2ケタのプラスが続く。 ...

タカラスタンダード、収益構造改革で営業変革、活動〝可視化〟し効率化=新中計「国内水回り強化の一環」、情報共有により原因把握

4月以降、大手上場企業による新中期経営計画の発表が相次いでいる。 住宅事業者に限らず発表される計画の軸は主に2つ、市場構造変化を見据えた新領域への事業進...

タマホームが新中期経営計画「タマステップ2026」を策定、26年5月期に売上高3200億円を目指す

タマホーム(東京都港区、玉木伸弥社長)は、12日に開催した取締役会において2026年5月期を最終年度とする新中期5ヵ年経営計画「タマステップ2026」を策定し...

タカラスタンダード、ホーロー扉にマット調=「レミュー」と「エリーナ」に展開

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は6月29日、4月スタートの今期から24年3月期までを期間とする「中期経営計画2023」(以下、新中計)の概要...

クリナップ、長期ビジョン・新中計を策定=既存事業の収益力向上など

クリナップ(東京都荒川区、竹内宏社長)は5月27日に開示した2021年3月期決算説明資料の中で、4月スタートの21年度から23年度の3ヵ年を事業期間とする新中...

タカラスタンダード新中計、「持続的成長の土台」構築=収益力向上や技術・商品力強化、今年度から3ヵ年

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は4月スタートの今年度、事業期間3ヵ年の新中期経営計画に着手する。 新中計では新築住宅の市場規模が縮小し...

トクラス、施工店・エンドユーザー訴求を強化=情報発信やアプローチ、商品「テノールシリーズ」拡販に注力

トクラス(静岡県浜松市、小泉和弘社長)は4月からの来期事業でエンドユーザーと施工店への訴求を強める。自宅時間の増加は戸建住宅とリフォーム需要の「追い風になる」...

積水ハウス、「シャーメゾンZEH」目標前倒しで再設定=2023年に4千戸受注へ

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は、同社の賃貸住宅のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー住宅)ブランド『シャーメゾンZEH』を、次期中期経営計画がスタートす...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)