記事の分類: 住宅・工務店

イオンモール幕張新都心店にVR住宅展示場、大手7社のモデル棟を体感

ウェブ先行配信記事
店舗のイメージ ギガプライズ(東京都渋谷区、梁瀬泰孝社長)、エイトノットアンドカンパニー(東京都港区、室田直也社長)、ナーブ(東京都千代田区、多田英起社長)の3社は、大手ハウスメーカーのモデルハウスを360度VRで体感できる「イオンハウジング VR住宅展示場イオンモール幕張新都心店」(千葉市美浜...続きを読む

積水化学・住宅C=被災時の「在宅避難」を実現、レジリエンス機能を強化

強化した3つのポイント 積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は、レジリエンス機能を強化した新築戸建住宅を7月26日に発売した。 電気自動車(EV)に搭載された大容量の蓄電池を住宅で活用する「VtoHeim」の対応車種の拡大や、蓄電池のパワーコンディショナーの2階設置、自社製飲料水貯留...続きを読む

中央住宅がハイエンド向けの買取再販商品、浦安市でマンションを販売

ポラスグループ・中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)で売買仲介を中心に住宅不動産サービスを提供している不動産ソリューション事業部は19日、ハイエンド向けの買取再販商品として企画した「フォーラム海風の街」(千葉県浦安市、全18棟・563戸)内の物件について報道関係者向けの説明会...続きを読む

テレワーク・デイズ2019=住友林業とミサワホームが参加、柔軟な働き方検証

政府と東京都、関係団体などが連携し、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」の実施と推進を図る国民運動「テレワーク・デイズ2019」に、大手住宅企業も参加している。 ...続きを読む

2019年6月の受注詳報=タマホーム反動減抜けたか

事業別・分野別の受注状況を公表する住宅企業9社(金額ベース、積水化学工業住宅カンパニーのみ棟数)の2019年6月の速報値をみると、戸建て・注文住宅はタマホームを除く8社が対前年同月比でマイナスとなるなど、苦戦している。わずか1%だが、前年同月を上回ったタマホーム。5月には受注回...続きを読む

主要住宅企業11社の2019年6月の受注速報、消費者心理の低下懸念

主要住宅企業11社の2019年6月の受注速報値(金額ベース、数値は前年同月比)が出揃った。前年同月を上回ったのは、大和ハウス工業とヤマダホームズ、タマホームの3社のみ。大和ハウス工業はマンション、商業建築が全体を押し上げた。一部の企業を除き、駆け込みによる反動減の影響から抜け出...続きを読む

積水ハウス=定期点検に3種の先進機器、CS向上や人手不足解消に

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は18日、ドローンや遠隔操作ロボットで撮影した高精細画像を使ったクラウド経由の住宅点検システム「スマートインスペクション」の記者向け実演会を開催した。年間約2万9千件ほど実施している10年ごとの10項目の定期点検時に、半自動操縦ドローンと床...続きを読む

ヒノキヤグループが解体された住宅の断熱材を調査、黒変要因はSPM=躯体の気密性の低さと断定

住宅壁体内における断熱材の黒変色は気密・断熱が不十分な証拠――。ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は12日、住宅解体時に繊維系断熱材が黒変している状況について宮城学院女子大学の本間義規教授に研究を委託した結果について発表した。...続きを読む

野原ホールディングスが米国のHOMMAと戦略的パートナーシップ構築

野原ホールディングス(東京都新宿区、野原弘輔社長)はこのほど、米国でスマートホーム市場を開拓しているHOMMA(アメリカ・カリフォルニア州、本間毅CEO)との間で戦略的パートナーシップを構築した。...続きを読む

アイダ設計が横須賀エリアに119区画の大型分譲

アイダ設計(さいたま市大宮区、會田貞光社長)は6日から、神奈川県横須賀市内で119区画の大型分譲住宅「アイブリッジ横須賀久里浜」の販売を開始した。...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)