キーワード: 国税庁

路線価=4年連続上昇、銀座通りは34年連続で過去最高となるも上昇率は縮小

国税庁が4日に発表した2019年分の路線価(1月1日現在)によると、全国平均の標準宅地の対前年変動率は1・3%の上昇で、4年連続のプラスとなった。 変動率は前々年が0・4%、前年が0・7%で、上昇率も拡大傾向が続く。 都道府県別でみてもプラス幅拡大やマイナス幅の縮小が...続きを読む

18年分路線価、標準宅地、3年連続上昇。上昇率も拡大

国税庁は2日に発表した2018年分の路線価(1月1日現在)によると、全国平均の標準宅地の対前年変動率は0・7%の上昇で、3年連続のプラスとなった。変動率は前々年が0・2%、前年が0・4%で、上昇率も拡大している。上昇率が5%以上10%未満となった都道府県は、沖縄県。前年はゼロだ...続きを読む

路線価は6年連続マイナス、最高路線価で上昇都市が増加

国税庁は1日、2014年1月1日時点の路線価を公表した。 標準宅地の評価基準額の全国平均は前年比0・7%下落し6年連続でマイナスとなった。都道府県庁所在の最高路線価をみると、全国で最も高かったのは東京都中央区銀座5丁目の銀座中央通りで1平方メートル当たり2360万円と前...続きを読む

消費税引き上げに伴う経過措置で国税庁Q&A、戸建て建売や青田売りマンションなど解説

国税庁消費税室は、来年4月の消費税引き上げに伴う経過措置について、具体的な取り扱いをQ&A方式でまとめた。経過措置の概要から、経過措置の適用対象となる契約、契約書などの書類がない工事の取り扱い、請負工事の着手日、青田売りマンション、戸建て建売住宅などで建築後に注文を受けて譲渡す...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)