22年分路線価、標準宅地の変動率は対前年0・5%上昇、コロナ影響からプラスに、20都道府県が上昇

国税庁が公表した2022年の路線価(1月1日現在)によると、標準宅地(全国平均)の対前年変動率は0・5%の上昇で、新型コロナ感染症拡大の影響を大きく受けた前年からプラスに転じた。

上昇は2年ぶり。上昇率が5%以上になった都道府県はないが、5%未満の上昇率となったのは前年の7道県から20都道府県へと拡大した。

変動率ゼロはなく、5%未満の下落率だったのは、27県。前年の5%未満の下落は、39都府県あった。

前年は感染症の影響が強く出て下落が目立ったが、22年は住宅需要の底堅さが反映されているとみられる。オンライン講義だけだった大学でも、通学が戻り、学生需要が回復しつつある地点も出ているという。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年07月05日付5面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)