住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞 | Page 4

今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

◎21年度税制、住宅ローン減税延長=面積要件は40平方メートル以上に緩和◎

2021年度税制で、住宅ローン減税は最長13年間にわたって減税を受けられる特例措置を、22年12月末の入居分まで認めるよう延長することが決まった。このうち新築住宅に限っては、床面...続きを読む

◎大建工業、抗ウイルス機能「ビオタスク」の対応製品のラインアップを拡充=「ビオタスク」の提案力強化◎

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)は8日、既存の建具・内装建材製品における同社独自の抗ウイルス機能「ビオタスク」の対応製品のラインアップを拡充したと発表した。また、ラインアップ...続きを読む

◎戸建て住宅の購入するきっかけとして「テレワークの実施」が急浮上、受注のピークは夏場に=年明けにも仕入れ回復し受注の回復か◎

戸建住宅の受注は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除された6月以降に伸びをみせたものの、8月をピークとして住宅在庫数が減少したこともあって、その伸び率は一段落した...続きを読む

◎積水ハウス、急性疾患対応PJ実用化へ生活者参加型で◎

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は10日、急性疾患対応ネットワーク『HEDNET』の実用化へ向けたパイロットプロジェクトを、順次スタートさせると発表した。生体センサーによ...続きを読む

◎積水ハウス、戸建住宅用の次世代室内環境システム=スマート・イクス、温度変化を最小限に◎

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は、戸建住宅の次世代室内環境システム『SMARTECS(スマート・イクス)』を開発、14日から発売した。空気の流れのコントロールとプランニ...続きを読む

◎大建工業、「壁付けカウンター」やシステム収納「ミセル」向けのオプション部材で「USBポート付コンセントユニット」「ライト」「マグカップホルダー」など発売=在宅勤務需要狙い◎

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)は1日、省スペースで設置しやすくデスクとしても使用可能な「壁付けカウンター」および、システム収納「ミセル」向けのオプション部材として「USBポ...続きを読む

◎ポラスグループの分譲契約棟数が好調、4月~11月は前年同期比で126%に◎

ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)の4月~11月度における分譲住宅の契約棟数は、前年同期比126%で推移。特に7月度(6月21日~7月20日)は単月としては過去最高の...続きを読む

◎LIXIL、経営幹部に初のデザイン責任者=グローバル規模のブランド一元管理で◎

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は4日、LIXIL Global Designの統括責任者であるポール・フラワーズ氏を1日付でLIXILの専務役員デザイン担当に任命したと...続きを読む

◎調布市が選定、ミサワGを空き家相談窓口に◎

ミサワホームは11月27日、東京都調布市が公募した「調布市空き家等ワンストップ相談窓口」事業者に選定されたと発表した。事業期間は2023年3月31日まで。 今回の調布市の事業...続きを読む

◎東京の一極集中是正を=国交省、「真の豊かさ」唱え、東京の高生活費示す◎

国土交通省の国土の長期展望専門委員会は、東京の国際競争力引き上げとともに、「東京一極集中の是正」をセットで議論した。新型コロナウイルス感染症で一時的な動きがあったものの、依然とし...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)