今週の紙面

2019年3月21日(第1940号)/20年度着工は87万5千戸、景気回復鈍化の見通し=シンクタンクなどの予測

ミサワホーム、主力商品「エムジェイウッド」に耐火仕様設定、都心へ進出/日本ユニシス「マイホーム マーケット」がVR利用し、共働き世帯に訴求=ハウスメーカーは商談期間短縮も/YKKAP、戸建住宅事業者の技術・施工支援で専門施設=…

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行!
新聞を定期購読 | デジタル版ならすぐ読める!
アプリができました! | 見本紙をダウンロード

ピックアップニュースダイジェスト

住宅市場の成長見込み、支援機構がフィリピンと覚書締結

住宅金融支援機構は1日、フィリピンの国立住宅抵当金融公社(NHMFC)と関係強化の協力覚書を締結した。住宅金融や住宅市場について共同研究やセミナーを実施する。 住宅市場拡大を見込み、住宅金融など市場の環境整備を進める。 フィリピンは人口増加が続き、30年前の1989年...続きを読む

20~30歳代に二拠点生活が浸透、工務店も提案で商機に

「二拠点生活のリアルを語る会」のようす リクルート住まいカンパニー(東京都港区、淺野健社長)は、2019年の住まい領域におけるトレンド予測として、都心と田舎の2つの生活を楽しむデュアルライフ(二拠点生活)をテーマとして掲げた。 これまでのように豪華な別荘を持てるような富裕層や時間に余裕があるシニアだけではなく、2...続きを読む

次世代住宅ポイントは若者・子育て世帯に有利、既存流通活性化なるか

特例を使えばすぐに上限に達しそうだ 石田優国土交通省住宅局長は4日、優良ストック住宅推進協議会が主催した「スムストックレポート2019」で住宅政策の現状と今後の展望について話した。 2019年度の住宅取得支援策の大半が、消費税率引き上げに伴う新築住宅向けなのに対して、次世代住宅ポイント制度は「既存住宅のリフォ...続きを読む

ZEH集合住宅で仕様の指針を策定、20階建て以下、環境省が普及図る

マンションなど集合住宅のZEH支援に対して2019年度からは20階建てまでが環境省で、21階建て以上が経済産業省資源エネルギー庁で取り組むこととなった。 国は、ZEH化につながる仕様や設備を示す設計ガイドラインを策定し、近日公表する予定。18年度事業の実績データを基にしたも...続きを読む

YKKAP、トリプルガラス樹脂窓APW430に「引違い」=本州で販売強める

APW430引き違い窓の施工例 YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は5日、トリプルガラス樹脂窓APW430シリーズの拡充で「APW430引違い窓」を25日に発売すると発表した。 APW430は北海道を中心とした寒冷地ニーズへの対応を主目的に開発され、寒冷地で高い断熱性と気密性を両立させるにはプロジェ...続きを読む

三陽不動産が「レンガ積みの家」を展開=「いえ博」を契機に客層拡大

若年層からシニア層まで幅広く評価 埼玉県東部の幸手市、久喜市、加須市、羽生市などを中心に注文住宅を展開している三陽不動産(埼玉県幸手市、三牧信吾社長)は、年間供給棟数12棟のうち8棟が「レンガ積みの家」を提供している。 同社は昨年2月から半年間にわたって埼玉県蓮田市で開催された期間限定のプロジェクト「彩の国...続きを読む

積水ハウス、2020年1月期業績予想で過去最高益を計画=戸建て、受注残高増で好発進

仲井社長 積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は8日、2019年度(19年2月~20年1月)経営計画説明会を開き、戸建住宅事業を含む全セグメントで増収増益を見込んだ今期業績計画の中身を説明した。 戸建住宅事業は、18年度下期からの受注回復による受注残高の増加を背景に、売上高3900...続きを読む

積水ハウス2019年1月期決算、下期の受注挽回で受注残高膨らむ

決算資料から抜粋 積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は7日、2019年1月期の連結業績を発表した。 売上高は微増ながら3年連続で過去最高を更新。一方、営業利益・経常利益は、上半期の受注が低迷した戸建てや賃貸などの請負型事業と、国際事業でアメリカの賃貸住宅の物件引渡が次期(20年1月期)に...続きを読む

SUUMO住みたい街ランキング2019、「横浜」が2年連続首位

リクルート住まいカンパニー(東京都港区、淺野健社長)は2月28日、「SUUMO住みたい街ランキング2019関東版」を発表した。 同調査は2010年から実施しており、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)の居住者7千人を対象に実施したWEBアンケートを集計したもの。...続きを読む

三協立山・三協アルミ社、最大間口12メートルのカーポート新商品「Uスタイルアゼスト」

設計の自由度が高いのも特徴 三協立山・三協アルミ社(富山県高岡市、中野敬司社長)は20日、同社調べで業界初となる〝間口12メートルのフレーム〟および〝屋根下までの高さ3・5メートル〟などのサイズを特徴とするカーポートの新商品「Uスタイルアゼスト」を発売する。 奥行き5370ミリ×間口5410ミリ×高さ...続きを読む

こんな記事も読まれています

消費増税関連のニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)