住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞 | Page 2

今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

◎タカラスタンダード2021年3月期第2四半期決算、営業利益56%減=リフォーム売上高減少響く◎

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)の2021年3月期第2四半期決算は前年同月比で営業利益56・6%減の大幅な減益となった。売上高は10・6%減。減益要因としては、前...続きを読む

◎大建工業、ホームページに「Daiken Design(ダイケンデザイン)」=デザインの取り組みを発信◎

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)は10月28日、同社のデザインの思想や創造への取り組みを発信する「Daiken Design(ダイケンデザイン)」をホームページに公開した。冊...続きを読む

◎大東建託シーリングが賃貸借契約手手続きの電子化を開始◎

大東建託グループの大東建託リーシング(東京都港区、守義浩社長)は5日、リロケーション・ジャパン(東京都新宿区、栗山直能社長)とシステム連携し、賃貸住宅の賃貸借契約における法人契約...続きを読む

◎抗ウイルス建材、開発と訴求強まる=パナソニックが住宅用床材、アイカ工業はモデルハウスに採用◎

パナソニック(大阪府門真市、津賀一宏社長)は2021年2月1日に抗ウイルス加工を施した住宅用床材を発売する。10月30日に発表した。また、アイカ工業(愛知県名古屋市、小野勇治社長...続きを読む

◎東急不動産など3社が共同出資覚書、第1号案件で青森の陸上風力発電に=再生可能エネ普及・拡大へ◎

東急不動産(東京都渋谷区、岡田正志社長)は10月28日、大阪ガス(大阪市中央区、本荘武宏社長)、日本政策投資銀行(東京都千代田区、渡辺一社長、以下DBJ)と、再生可能エネルギー普...続きを読む

◎建築研究所が水害対策を調査研究、「耐水化」コスト増でも修復費抑制に効果=増える水災害へ対応促す◎

建築研究所が、嵩上げや防水といった住宅の耐水化案における費用対効果、実際の住宅建築への適用可能性などの研究を進め、戸建住宅については、耐水化のコストを上回る被害額低減効果があると...続きを読む

◎タカラスタンダード渡辺社長、「収益力強化継続が最重要」と=〝求めるもの〟短期的には変わらず◎

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)の渡辺社長は4日にオンラインで行った2021年3月期第2四半期決算説明会における質疑応答の中で住宅産業新聞の質問に答え、新型コロナ...続きを読む

◎LIXILグループ瀬戸社長、希望退職プログラム「ニューライフ」の背景説明=「変化先取り」「多様な人材を」と◎

LIXILグループ(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)が10月30日に行った2021年3月期第2四半期決算説明会の質疑応答では、記者側から同日に同社が発表した希望退職プログラム「ニュー...続きを読む

◎住団連2020年度第2四半期景況感、6四半期連続でマイナス◎

2020年度第2四半期(7月~9月)の住宅受注は、低層賃貸住宅の大幅マイナスの影響で6四半期連続マイナスに──。住宅生産団体連合会(住団連、会長=阿部俊則積水ハウス会長)が5日公...続きを読む

◎ポラス建築技術訓練校の佐藤主任、新勾配となる『長中殳(こ)』を割り出し=電動丸のこで加工効率化◎

これまでの大工技術を伝承するために、その技術で効率的に施工するにはどうするか。ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)のポラス建築技術訓練校において訓練生の指導を担っている...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)