住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞 | Page 3

今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会、新会長に大建工業社長の億田正則氏

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会(東京都中央区。以下、建産協)は10日に開催した2020年度定時総会後の臨時理事会で、大建工業(大阪市北区)社長の億田正則氏を新会長に選任した...続きを読む

国交省が独自調査=住まい選び「災害危険性」を重視、ハザードマップの公表遅い自治体

見直しを進めている国土交通省の住生活基本計画についての議論の中で、社会資本整備審議会の住宅宅地分科会では、賃貸や売却目的でない「その他空き家」が349万戸あるうち、活用可能な空き家...続きを読む

サンゲツ、長期ビジョン「DESIGN2030」と新中期3ヵ年経営計画「D.C.2022」策定=経営目標とSDGsを関連

サンゲツ(愛知県名古屋市、安田正介社長)は5月19日、2030年3月期を最終とする長期ビジョン「DESIGN2030」および23年3月期を最終とする新中期3ヵ年経営計画「D.C.2...続きを読む

ビルダー各社がリースバック事業に参入、シニアマーケット拡大など背景に

4月以降、ビルダー各社が相次いでリースバック事業に参入した。 参入順に一建設(東京都豊島区、堀口忠美社長)、ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)、中央住宅(埼玉県...続きを読む

旭化成ホームズ、富裕層向け邸宅第2弾「ラウムフレックス」=円柱とアーチ天井を新提案、普遍的デザイン追求

ボールト&コラム様式のLDK 旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は、富裕層向けの戸建住宅「ラウムフレックス」を5日に発売した。 量塊的な外観を印象付ける100ミリ厚の専用外壁や、円柱とアーチ状...続きを読む

タカラスタンダード、社内システムキッチンの組み立て・物流のあり方変更=主要物流倉庫で半製品化、物流費対策や資金効率向上で

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)がシステムキッチンの社内における組み立てと物流のあり方の変更検討を本格化させる。 現在は生産工場が主要物流倉庫向け出荷時に行っ...続きを読む

LIXIL住研がリフォーム商品を一新、新築提案で培った「空間提案」を生かす

LIXIL住宅研究所(東京都江東区)はアイフルホーム、フィアスホーム、GLホームの3ブランドが取り扱うリフォーム商品を一新。 住まいを丸ごと大規模リフォームする「新築mita...続きを読む

エヌ・シー・エヌ20年3月期連結決算、売上高が過去最高も減益に

エヌ・シー・エヌ(東京都港区、田鎖郁男社長)の2020年3月期連結決算は、売上高66億1千万円(前期比1・4%増)、営業利益2億2900万円(同12・3%減)、経常利益2億5800...続きを読む

木住協が定時総会開催、リフォーム支援制度見直し

日本木造住宅産業協会(木住協、市川晃会長)は、5月28日に開催した定時総会において2020年度の事業計画案を承認した。 今年度の主な事業計画として、「リフォーム支援制度の見直...続きを読む

積水ハウス21年1月期第1四半期決算、過去最高業績を更新=鴻池組の連結が寄与、戸建事業は2ケタの減収減益

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は4日、2021年1月期第1四半期の連結業績を発表した。売上高は5980億9600万円(対前年同期比25・3%増)、営業利益は508億6500...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)