今週の紙面

2019年3月21日(第1940号)/20年度着工は87万5千戸、景気回復鈍化の見通し=シンクタンクなどの予測

ミサワホーム、主力商品「エムジェイウッド」に耐火仕様設定、都心へ進出/日本ユニシス「マイホーム マーケット」がVR利用し、共働き世帯に訴求=ハウスメーカーは商談期間短縮も/YKKAP、戸建住宅事業者の技術・施工支援で専門施設=…

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行!
新聞を定期購読 | デジタル版ならすぐ読める!
アプリができました! | 見本紙をダウンロード

ピックアップニュースダイジェスト

LIXIL、玄関ドアと電動シャッターでIoT対応の新商品=「ライフアシスト」との連携で利便性向上

新商品をアピール LIXIL(東京都千代田区、大坪一彦社長)は4月1日、IoT対応商品として「玄関ドアDA」および「玄関ドアDA防火戸」、住宅用窓シャッター「スマート電動」および「電動」を発売する。 2月27日に新商品発表会を行い明らかにした。同社は「玄関ドアDA」「玄関ドアDA防火戸」「ス...続きを読む

ヤマト住建がモニター制度を推進、築2年程度のOB客を中心に

ヤマト住建(神戸市中央区、中川泰社長)は、OB客による「ハウジングモニター制度」を商談に組み込んだ取り組みを推進している。 同制度は1996年ころからスタート。「当時は輸入住宅を建設していたので、モデルハウスもなかったため、OB客にお願いをして住宅を見せていただいたのが始...続きを読む

TOTO、燃料電池の合弁会社設立へ=森村グループ4社で、12月に事業開始

森村グループ4社の代表 ノリタケカンパニーリミテド(愛知県名古屋市、加藤博社長)、TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)、日本ガイシ(愛知県名古屋市、大島卓社長)、日本特殊陶業(愛知県名古屋市、尾堂真一社長)の森村グループ4社は4日に会見し、固体酸化物形燃料電池(以下SOFC)に関する合弁会社(以下...続きを読む

アキュラホーム、練馬区光が丘に12棟の分譲

アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は、東京都練馬区に都市型分譲住宅として展開している「ルミナーク光が丘」(全12棟)を2月9日から一般公開している。 同分譲地は、都営大江戸線の光が丘駅から徒歩15分に立地。土地面積104・00~121・00平方メートル、建物面積...続きを読む

スムストックレポート2019、累計成約1万件突破が目前に

スムストックの現状を報告 優良ストック住宅推進協議会(東京都千代田区、阿部俊則会長)は4日、協議会活動実績などを報告する「スムストックレポート2019」を開催した。 濱博文同協議会代表幹事は、18年度(18年7月~19年6月)の活動実績を報告。活動を開始してから11年目の18年度中に、累積成約数が1...続きを読む

ミャンマーで次官級会合、住宅金融制度を議論

国土交通省は、2月14日に開催したミャンマー建設省との建設次官級会合の内容を発表した。会合では、「建築・住宅」や「都市」「建設産業」「道路」の4分野で両国が行ったプロジェクトについて議論された。「建築・住宅分野」では、日本側から品質確保に向けた取り組みについて、ミャンマー側から...続きを読む

共同住宅の界壁、天井まででも可能に、改正建築基準法で

国土交通省住宅局は、2018年6月に公布された改正建築基準法により、今夏までに施行する基準や制度の検討を進めている。具体的には例えば、長屋・共同住宅では条件によって界壁が小屋裏まで到達していないものも認める。 【記事本文は本紙3月7日号に掲載】...続きを読む

硝子繊維協会、GWS工法普及を強化=筋かい部の〝切り欠き〟不要に

GWS工法の外壁と天井の取り合い部 硝子繊維協会(東京都新宿区、フランシス・ショレー会長)は4月からの2019年度、昨秋に新たに開発・実用化したグラスウール充填断熱工法「GWS工法」の普及活動を進める。 GWS工法は、木造軸組戸建住宅の耐力要素に構造用合板および室内壁に石こうボードを使用することが特徴で、(...続きを読む

クリエイト礼文のユニテハウスFCがコンベンション開催=マルチブランド化を目指す

パネルディスカッションのようす クリエイト礼文(山形県山形市、大場一夫社長)は2月26日、同社ブランドの「ユニテハウス」のフランチャイズ(FC)による全国大会「ユニテFCコンベンション2019」を山形市内で開催した。 これには、青森から鹿児島までの加盟店21社をはじめ、協力会社、同社社員など200人が参加...続きを読む

IoT住宅で国際規格2020年までに公表=産業技術総合研究所、ミサワ総研と機能安全で標準化

産業技術総合研究所は2月28日、IoT住宅の機能安全規格作成と国際標準化について、遅くとも2020年には公表できる段階にあると発表した。 すでに原案がまとまり、各国で審査されている。 住まいにおける設備やサービスが、インターネットやAI(人工知能)などを通じて作動する...続きを読む

こんな記事も読まれています

消費増税関連のニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)