今週の紙面

広告
広告

ピックアップニュース

旭化成、DX戦略説明会で進ちょく発表=住宅施工分野で具体的成果も

旭化成(東京都千代田区、工藤幸四郎社長)は12月13日、「デジタルトランスフォーメーション(DX)戦略説明会」を開催し、2024年目標に対する進ちょく状況などを説明した。 ...

住宅に省エネ性能表示、国交省が素案提示=新築の販売と賃貸時に、2024年4月から施行

世界的な環境意識の高まりを受け、国内でも2050年のカーボンニュートラルを目指す中、25年度からは住宅新築に省エネ基準適合が義務付けられる。これに伴う法改正で、建築物を販売または...

YKKAP、断熱等級5〝業界標準〟と予想=省エネ義務化で市場変化

断熱性能を巡る事業環境は昨年、規定路線である2025年度省エネ基準適合義務化の状況に住宅性能表示制度の断熱等級として5~7が加えられたことで、劇的に変化した。 このため今後...

大東建託、ZEHからLCCMへ=現段階で国が求める省エネ基準は達成

大東建託(東京都港区、小林克満社長)はこれまで、国の省エネ基準が改正されるたびに部材や仕様の標準化などに取り組むことで対応してきている。 2025年の新築住宅および非住宅の...

新年特集=LCCM住宅でカーボンニュートラルから「カーボンポジティブ」へ、住宅による攻めの脱炭素が本格化

大手住宅メーカーによる『脱炭素』の取り組みが加速している。2021年度のZEH供給率(プレハブ建築協会住宅部会住生活向上推進プラン2025)は66・9%。各企業の実績でも概ね5割...

斉藤鉄夫国土交通大臣・新年インタビュー、「安全・安心と経済好循環」

斉藤鉄夫国土交通大臣は、新年を迎えるにあたって国土交通行政の方針や思いを表明した。 まず、国民の安全・安心の確保に向けた取り組みに注力する。また、コロナ禍からの経済社会活動...

22年度第2四半期のリフォーム調査=住宅の受注額2・8%増、2期ぶりのプラス

国土交通省が12日に公表した建築物リフォーム・リニューアル調査報告によると、2022年度第2四半期(7~9月)の受注高は、2・3%減の2兆9565億円だった。 住宅にかかる...

ノーリツ通期業績予想、売上高や営業利益を10%超の上方修正

ノーリツ(兵庫県神戸市、腹巻知社長)は8日、2月に公表した2022年12月期通期業績予想を売上高・営業利益・経常利益の項目で10%超の大幅な上方修正を行うと同時に、期末配当金を公...

ノーリツ、物流業務を外部委託=コスト対応や機能の維持・向上で

ノーリツ(兵庫県神戸市、腹巻知社長)が物流業務を外部に委託した。 7日発表した。委託先は物流会社センコー(大阪市北区、杉本健司社長)。センコーは今月からノーリツが行っていた東...

ライフデザイン・カバヤが「なんねんCLTコート」の国交大臣認定を取得、初期段階での木の燃焼防ぐ

ライフデザイン・カバヤ(岡山市北区、窪田健太郎社長)は9日、CLTに塗装する難燃塗料「なんねんCLTコート」の性能評価試験に合格し、11月8日付で国土交通大臣の認定を取得したこと...

次世代全館空調システム「マッハシステム」、体感プレスツアーを目黒区で開催

次世代全館空調システム「マッハシステム」を開発・提供しているFHアライアンス(愛知県春日井市、廣石和朗社長)の加盟店である伊庭工務店(東京都目黒区、伊庭秀幸社長)は9日、伊庭社長...

大和ハウス工業、「家事シェアタウン」を全国展開=家事の時間的・心理的負担を軽減する仕様で

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は14日、家族全員で家事をシェアする「家事シェアハウス」を全戸に採用した戸建分譲住宅地「家事シェアタウン」プロジェクトを2023年1月か...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)