今週の紙面

2019年3月21日(第1940号)/20年度着工は87万5千戸、景気回復鈍化の見通し=シンクタンクなどの予測

ミサワホーム、主力商品「エムジェイウッド」に耐火仕様設定、都心へ進出/日本ユニシス「マイホーム マーケット」がVR利用し、共働き世帯に訴求=ハウスメーカーは商談期間短縮も/YKKAP、戸建住宅事業者の技術・施工支援で専門施設=…

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行!
新聞を定期購読 | デジタル版ならすぐ読める!
アプリができました! | 見本紙をダウンロード

ピックアップニュースダイジェスト

積水化学住宅C、「家づくり学ぶ」体感型ショールーム全国展開加速

体感型ショールーム 積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は18日、プロジェクションマッピングやデジタルサイネージ、仮想現実(VR)などの最先端技術を導入した体験・体感型ショールームの全国展開を加速させると発表した。 2019年9月末までに全国17ヵ所に開設する。...続きを読む

大和ハウス工業、老朽化団地再生へ=緑が丘ネオポリス、実証実験に着手

現在の住宅団地のようす 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は15日、兵庫県三木市の大規模戸建住宅団地「緑が丘ネオポリス」で、市街地公道での自動運転など4つの実証実験を実施すると発表した。 1971年の入居開始から約50年が過ぎ、高齢化率が約4割となった老朽団地の再生に着手する。 同実...続きを読む

都市の居住性向上を議論、国交省、立地適正化計画制度5年を前に

「低人口密度エリアでのゆとりある居住環境」「住居専用地域におけるコンビニや病院の設置」――国土交通省はコンパクトシティ政策に関する新たな論点についての議論を開始した。居住誘導区域内の魅力向上や区域外のあり方などが議題。コンパクトシティ政策の核となる立地適正化計画が2019年で制...続きを読む

3月の「フラット35金利」は1・27%、4ヵ月連続下落

住宅金融支援機構は1日、長期固定型の民間提携住宅ローン「フラット35」における3月の金利水準を公表した。それによると、融資率9割以下で最も利用の多い融資金利は、1・27%となった。前月から0・04%下がり、4ヵ月連続で下落した。融資率9割超の最頻値も0・04%下落の1・71%と...続きを読む

パナソニック・アプライアンス社、4月に新エネファーム投入=床暖の効率化Sやレジリエンス機能

4月発売のエネファーム パナソニック・アプライアンス社(滋賀県草津市、本間哲朗社長)は4月1日、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」(以下、エネファーム)の戸建向け新製品を発売する。 新製品は総合効率値が97%と業界最高(同社調べ)となるほか、(1)エネファーム発電時に発生す...続きを読む

グローバルベイス、カリフォルニア工務店とコラボでオーシャンリノベを提供

大人リゾートが身近に感じられる室内 グローバルベイス(東京都渋谷区、茂木敬一郎社長)のオーダーリノベーションサービス「マイリノ」と枻出版社(東京都世田谷区、角謙二社長)が運営している建築設計事務所「カリフォルニア工務店」は、7日から両社のコラボレーションによるリノベーションプラン「オーシャン・スタイル・リノベーショ...続きを読む

1月の新設住宅着工戸数、1・1%増の6万7087戸、持ち家は3・3%増

国土交通省が発表した2019年1月の新設住宅着工戸数は、前年同月比1・1%増の6万7087戸となった。季節調整済み年率換算値は87万2千戸。前月比9・3%減。 利用関係別にみると、持ち家は3・3%増の2万925戸となり、4ヵ月連続で増加した。貸家は12・3%減の2万47...続きを読む

施工事例コンテストをSNSで、TDYが「ルームクリップ活用」=〝手軽さ〟や〝人目に触れる〟など新たな価値

十人十家のイベントページ 自社商材の施工事例コンテストは、昔も今も住設・建材メーカーの重要な販促策の一つ。ただ、従来は「施工写真を書類と一緒に主催者へ郵送する」ことが当たり前だったその実施手法は、ソーシャル・ネットワーク・サービス(Social Network Service、SNS)の普及で変化を始め...続きを読む

空き家どう防ぐ? ミサワと調布市が「予防」の観点で対策検討

超満員のセミナー会場 ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)と調布市、東京都行政書士会は16日、調布市内で空き家利活用をテーマにフォーラムを開催した。 ミサワホームは、新築後15年以上が過ぎた市内居住の同社住宅所有者や、同社にリフォームを依頼した市内居住者を対象に、今の住まいに誰かが住み継...続きを読む

18年第4四半期の地価LOOK、上昇地区97%に

国土交通省が15日に発表した「主要都市の高度利用地地価動向報告」(地価LOOKレポート)によると、2018年第4四半期(10月1日~19年1月1日)の地価は、上昇地区が全100地区中97%となった。4期連続で上昇地区数が9割を超えた。 緩やかな上昇が70地区と多勢だが、...続きを読む

こんな記事も読まれています

消費増税関連のニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)