住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞 | Page 5

今週の紙面

広告
広告 広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

◎住友林業と熊谷組、中大規模木造で新ブランド◎

住友林業と熊谷組(東京都新宿区、櫻野泰則社長)は3月31日、中大規模木造建築ブランド『with TREE』を立ち上げた。都市の建築に「木」が生む新しい価値を、共同で提供することで...続きを読む

◎ハイムの50周年記念商品「パルフェ」、多雪エリアの社会課題解決へ◎

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は1日、北海道を除く多雪エリア向けの専用戸建住宅『パルフェNSPSスタイル』を発売した。セキスイハイム誕生50周年...続きを読む

◎住友林業、3時間耐火認定を取得、一般流通材使い低コスト化◎

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は3月31日、オリジナルの木質部材『木ぐるみCT』について、梁部材で3時間耐火構造、柱部材で2時間と3時間の耐火構造の国土交通大臣認定を取...続きを読む

◎新設住宅着工統計2021年2月度、持ち家は増、分譲戸建は減◎

国土交通省が公表した2月度の新設住宅着工戸数は、前年同月比3・7%減となる6万764戸だった。20ヵ月連続の減少。持ち家は増加となったが、マンション、貸家、分譲が減少。首都圏では...続きを読む

◎LIXILの窓新製品、現行品の〝切り替え〟=新しいプラットフォーム採用、2021年度実施予定の事業施策◎

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は2021年度の事業施策「アルミ窓」「アルミ・樹脂複合窓(以下、複合窓)」「樹脂窓」の新製品投入(1日付4面で既報)の際、新製品に構成部材...続きを読む

◎大東建託が多様性に合わせた提案、可動式間仕切りやアウトドアドア理文具の導入などで長く住み続けられる賃貸住宅に◎

大東建託(東京都港区、小林克満社長)は、ライフスタイルに合った部屋に住みたいという希望に応えて複数の使用方法が可能な賃貸住宅を提案することにより、入居者だけではなくオーナーにも喜...続きを読む

◎旭化成ホームズ、建設技能者育成を強化、つくば市に研修C◎

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は、『旭化成ホームズ建設技能研修センター』を茨城県つくば市に開設し、1日から運用を開始した。同センターは、建設技能者の継続的な確保・...続きを読む

◎YKKグループ、定年制を廃止=「退職時期自分で決める」と、YKKAPなどの国内事業部門◎

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)とYKK(東京都千代田区、大谷裕明社長)を傘下に持つYKKグループは1日、両社の国内部門に勤務する正社員の定年退職制度を廃止した新人事制度...続きを読む

◎大建工業、抗ウイルス機能「ビオタスク」新型コロナに対する効果確認◎

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)は3月23日、同社独自の抗ウイルス機能「ビオタスク」で一部採用している「銀系抗ウイルス剤」が、外部機関グッドアイ(群馬県桐生市、樋口慶郎社長)...続きを読む

◎住設各社、「グリーン住宅ポイント制度」対応製品をアピール=「新たな日常」や「防災」の追加工事需要キャッチで◎

先月末にポイントの発行申請の受付が始まった「グリーン住宅ポイント制度」で喚起される需要をキャッチしようと、住宅設備・建材メーカー各社が関連製品の訴求に力を入れている。同制度が前回...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)