キーワード: 住友林業

6月の受注額速報、注文受注の単価アップも棟数マイナス

6月における住宅企業11社の受注額(速報値)は、6社が前年同月比でプラス、4社がマイナスだった。ただ、戸建ては注文住宅でマイナス、分譲住宅でプラスという傾向がみられた。 注文住宅は、受注単価で上昇傾向がうかがえるものの、棟数のマイナスで低迷。賃貸住宅(集合住宅)は、メーカ...続きを読む

住友林業の住宅改修用に新耐力パネル、住林ホームテック

住友林業ホームテックは6月30日、住友ゴム工業、住友林業筑波研究所とともに共同開発した「特殊金物付き耐久パネル」が日本建築防災協会の防災技術評価認定を取得したと発表した。同パネルは、耐力壁でありながら、地震エネルギーを吸収する性能を持っているのが特徴で、耐震性と制震性を実現する...続きを読む

住宅営業現場にも働き方改革の波、業績上げつつ時短実現

長時間労働が許容されていた住宅営業の現場にも働き方改革の波が押し寄せている。積水ハウスや大和ハウス工業、住友林業を始めとした大手ハウスメーカー各社は、新制度の導入や仕組みの変更などで現場の意識改革を手掛け始めている。共通するのは、業績を上げつつ時間短縮を実現するもので、成果が出...続きを読む

イノスグループ、4月から定期点検付住宅を全棟で適用

住友林業が運営する地域工務店ネットワークの「イノスグループ」は5月31日、都内で第21回全国総会を開催した。2017年度の基本方針として、(1)受注促進に重点を置いた研修体制の充実(2)住宅の長寿命化に対応する定期点検付住宅の全棟採用(3)Web営業戦略の推進――をすることで会...続きを読む

大手住宅17年度受注計画、賃貸などで多角化展開も

大手戸建住宅企業の2016年度(積水ハウスは1月期、その他は3月期)の決算が出揃った。17年度の受注計画を公表している6社はすべてプラスを見込んでいる。伸び率が最も高い住友林業は、16年度受注実績がマイナスだったことから、東京や愛知など重点都市圏において戸建注文受注を挽回すると...続きを読む

住友林業住宅事業本部の方針、愛知や地方でシェアアップ、既存流通や木化事業を第3、第4の柱に

住友林業は20日、戸建住宅事業において愛知県や地方圏でマーケットシェアアップを図る方針を明らかにした。まずは、4月から持ち家着工数が全国トップの愛知県において2支店から3支店体制に再編し、県内シェアアップを図る。また、地方圏におけるシェアアップを図るために営業担当の配置や住宅展...続きを読む

住友林業が介護事業を強化、神鋼ケアライフの株式を取得

住友林業は7日、神鋼ケアライフの発行済み株式の66・7%を取得する契約を締結した。28日に取得する予定。神鋼ケアライフは神戸製鋼の連結子会社で、神戸市中心に介護付き有料老人ホーム3施設と在宅介護サービス事業所8施設を展開しており、同社グループの介護事業を拡大する。同社は、201...続きを読む

健康経営優良法人、経産省が認定法人公表、大和ハウスなど236社

経済産業省は2月21日、健康増進に取り組み、特に優良な健康経営を実践する法人を顕彰する「健康経営優良法人2017」を発表した。今回が初の認定となり、大規模法人(ホワイト500)236法人、中小規模法人95法人を認定した。ハウスメーカーでは、大和ハウス工業、住友林業、積水化学工業...続きを読む

住宅企業の1月受注額速報、全体にバラツキ目立つ、戸建て受注は各社苦戦

住宅企業11社の1月における受注金額(速報値)は、11社中7社がプラス、4社がマイナスとなるなどバラツキが目立った。戸建住宅の受注は積水ハウスをはじめ、住友林業、ミサワホーム、パナホームなどがマイナス、大和ハウス工業もマイナス方向での横ばいと苦戦している。注文住宅受注の先行指標...続きを読む

2017年、オリコン注文住宅 顧客満足度ランキング

ウェブ限定記事
オリコンは、実際にサービスを利用したことがある人を対象に調査した2017年の「顧客満足度ランキング ハウスメーカー注文住宅」を発表した。 それによると調査した47社のうち1位はスウェーデンハウスで、全14個の調査項目のうち12項目でベスト3に入った。「好みにオーダーメイ...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)