2020年度大手ハウスメーカー・ランキング、総販売戸数は大和ハウスが首位キープ=9社中8社が減少、戸建て販売はPLT合算でトップ、建替比率は公表8社すべて低下

主要な大手住宅9社(大和ハウス工業、積水ハウス、パナソニックホームズ、ミサワホーム、トヨタホーム、旭化成ホームズ、積水化学工業住宅カンパニー、三井ホーム、ヤマダホームズ。決算期変更による9ヵ月間の累計値となる住友林業とグループ会社3社の合算値となるプライムライフテクノロジーズ「以下、PLT」の2社は参考値)の2020年度の実績数値が出揃った。

住宅産業新聞社の集計によると、戸建てとアパート、マンションの販売戸数を合算した総販売戸数のトップは大和ハウス工業の3万8991戸だった。2位は積水ハウスの3万7912戸。

20年度は、ヤマダホームズを除く8社の総販売戸数が前年割れするなど、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、厳しい市況となった。

主要な大手住宅企業の総販売戸数は、過去5年ほど減少が続いている。直近では、19年度に消費増税後の市場の冷え込みで受注が低迷し、20年度は新型コロナ禍で激減した。

業況の押し下げ圧力が続くなか、20年度に総販売戸数を伸ばしたのはヤマダホームズの1社のみ。「暮らしまるごと」のコンセプトが浸透し、生活基盤産業としての新業態が定着したことや、レオハウスの完全子会社化(20年5月14日)、ヒノキヤグループの連結子会社化(同年10月29日)などの相次ぐ合併で体制強化を図ったことなどが奏功したようだ。

対象9社の総販売戸数は、大和ハウス工業が3万8991戸(対前年同期比10・8%減)、積水ハウスが3万7912戸(同12・5%減)、旭化成ホームズが1万5474戸(同4・8%減)、積水化学工業住宅カンパニーが1万2115戸(同7・9%減)、パナソニックホームズが9766戸(同0・4%減)、ミサワホームが8597戸(同9・4%減)、トヨタホームが4068戸(同16・0%減)、三井ホームが3636戸(同22・4%減)、ヤマダホームズが2577戸(同2・8%増)。参考値として、PLTが2万2431戸(同7・1%減)、20年4~12月の9ヵ月間累計値の住友林業が5993戸だった。

2021年06月17日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)