最近、郵便事情により一部地域において新聞発送の遅延が生じております。ご不便をおかけしていることにつきまして、お詫びいたします。(編集部)

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行!
新聞を定期購読する
デジタル版を定期購読する
デジタル版を試し読み
見本紙をダウンロード

ピックアップニュース

大建工業、テーオーホールディングスと木材事業で提携協議を開始=非住宅向けムクフローリングの扱い視野に
 大建工業(大阪市北区、億田正則社長)とテーオーホールディングス(北海道函館市、小笠原康正社長)は21日、木材事業における資本業務提携に関する基本合意書を締結し、今後、具体的な協議...続きを読む
環境省ZEH三次公募、申請2262件で即日受付を終了
 環境省は、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業の三次公募が23日に受け付けを開始したが、申請件数が予算に達したことから、即日受け付けを終了した。  三次公募の...続きを読む
旭化成ホームズ、シニア層向け賃貸が好調=市場開拓、ニッチトップへ
 旭化成ホームズ(東京都新宿区、川畑文俊社長)は23日、首都圏で展開中する元気な高齢者向けのバリアフリー賃貸住宅「ヘーベルヴィレッジ」の累計戸数が300戸を超えたと発表した。 ...続きを読む
9月の「フラット35金利」は0・05%高い1・39%に
 住宅金融支援機構は3日、長期固定型の民間提携住宅ローン「フラット35」における9月の金利水準を公表した。それによると、融資率9割以下で最も利用の多い融資金利は、前月から0・05%...続きを読む
クリナップ、社運かけ9月にシステムキッチン『ステディア』発売=デザイン性高め市場に投入
2018年08月30日04面_住宅産業
 クリナップ(東京都荒川区、竹内宏社長)は21日、東京の大手町にメディア関係者を招き、9月3日に発売するシステムキッチンの新商品『STEDIA(ステディア)』の新商品発表会を行った...続きを読む
7月の新設住宅着工戸数、0・7%減の8万2615戸、持ち家は0・3%増で6ヵ月ぶりプラス
 国土交通省が発表した2018年7月の新設住宅着工戸数は、前年同月比0・7%減の8万2615戸で、2ヵ月連続の減少となった。季節調整済み年率換算値は95万8千戸。  利用関係別に...続きを読む
安全衛生経費確保にチェックリスト、国交省が実務者会合で議論、住宅建築現場を想定し国民や発注者も施策対象
2018年08月30日05面_住宅産業
 国土交通省は27日、建設工事における安全衛生経費の確保に関する実務者検討会の第2回会合を開催し、労働安全衛生法令に義務付けられている項目に限定せずに議論する方向性が示された。実態...続きを読む
三和ホールディングス、LIXIL鈴木シャッターを取得=顧客基盤融合でシナジー狙う
 三和ホールディングス(東京都新宿区、高山靖司社長)は7月31日開催の取締役会で、LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)が株式を100%所有するLIXIL鈴木シャッター(東京都豊...続きを読む
エヌ・シー・エヌのSE構法が北海度で初上棟、プレカット工場提携で物流面の課題解決
2018年08月30日03面_住宅産業
 全国520社の工務店と耐震構法であるSE構法を展開しているエヌ・シー・エヌ(東京都港区、田鎖郁男社長)は、北海道プレカットセンター(HPC、北海道苫小牧市)をSE構法指定のプレカ...続きを読む
旭化成ホームズのシニア向け賃貸、新たな住まいの選択肢に
2018年08月30日02面_住宅産業
 旭化成ホームズ(東京都新宿区、川畑文俊社長)の元気な高齢者向け賃貸住宅事業が堅調だ。同社が供給した約300戸は、入居開始後1ヵ月でほぼ満室になる勢い。サ高住や有料老人ホームなどの...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)