HOMMA、日本の工業化技術でアメリカ住宅産業に革新を/リゾン、不動産会社からまちづくり会社へ=入居者との関わり重視/【連載】LIXILグループトップ交代① 「〝起承転結〟の〝結〟始める」と潮田氏、路線の違…

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行!
新聞を定期購読する
デジタル版を定期購読する
デジタル版を試し読み
見本紙をダウンロード

ピックアップニュース

11月の「フラット35金利」は3ヵ月連続上昇
 住宅金融支援機構は1日、長期固定型の民間提携住宅ローン「フラット35」における11月の金利水準を公表した。  それによると、融資率9割以下で最も利用の多い融資金利は、1・4...続きを読む
太陽光発電の出力制御対象、住宅用の可能性「著しく低い」、JPEAがコメント
 太陽光発電協会(JPEA)は、住宅用太陽光発電が出力制御の対象となる可能性は、「現状では著しく低い」との考えを示した。  一部太陽光発電の事業者に対して発電停止を求める出力...続きを読む
伊藤忠商事、太陽光発電の自家消費需要獲得でAI活用の蓄電池=2020年までに3万台の販売を計画
18102452
 伊藤忠商事(東京都港区、鈴木善久社長)は1日、戸建住宅用リチウムイオン蓄電システム「Smart Star L(スマートスターL)」(定格容量9・8キロワット時)とAIソフト「Gr...続きを読む
NCNが「家づくり構造計算ナビ」を提供開始、建築前に住宅の安全性能を数値化
 全棟で構造計算を行うSE構法を展開しているエヌ・シー・エヌ(NCN、東京都港区、田鎖郁男社長)は10月30日、家づくりの新しい提案として「家づくり構造計算ナビ」の提供を開始した。...続きを読む
アエラホームがFC事業に本格参入
18102500
 アエラホーム(東京都千代田区、中島鷹秀社長)は今月、同社が注力している高気密・高断熱・高遮熱の外張W断熱工法の普及促進を目的としたFC(フランチャイズ)事業に本格参入をする。同社...続きを読む
積和建設グループ、一次取得者向けに全国統一戸建商品を投入
18102655
 積水ハウスグループの施工会社・積和建設は、全国統一の戸建住宅「パルタージュ」を発売した。  各地のグループ18社が独自に運用していた商品や調達、物流などを一本化して、効率化...続きを読む
住宅省エネ義務化、20年度までは「課題多い」=社整審環境部会で大宗の見方
18110242
 住宅などの省エネルギー基準適合義務化を議論している国土交通省の社会資本整備審議会建築分科会建築環境部会の会合が10月29日、開催された。  不動産協会や住宅生産団体連合会な...続きを読む
9月の新設住宅着工戸数、1・5%減の8万1903戸、持ち家はほぼ前年同月並み
 国土交通省が発表した2018年9月の新設住宅着工戸数は、前年同月比1・5%減の8万1903戸で、前月のプラスから反転した。季節調整済み年率換算値は94万3千戸。  利用関係...続きを読む
LIXILグループのCEOに潮田氏
 LIXILグループ(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は31日、11月1日付で瀬戸社長が兼任していたCEOを退任し、潮田洋一郎取締役(取締役会議長)が会長兼CEOに就任する人事を発表...続きを読む
実情合わせ復興加速、「コンパクト+」のまちも、塚田一郎国土交通副大臣新任会見
 塚田一郎国土交通副大臣は、「復興副大臣も兼務で拝命しており、(東日本大震災発生から)7年半という歳月も踏まえ、地域の実情に合わせて復興を加速させたい」と就任の抱負を述べた。また、...続きを読む

消費増税関連のニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)